b0332557_03532502.jpg
今日のランチの主菜は、生サーモンの照り焼きです。

でも私的主役は、野菜の副菜。
贅沢を言ったらきりが無いけれど、
和食の場合特に、オカズは品数が多いと嬉しい私。
なんならメインは要らないから、副菜沢山プリーズ。
二人きりの食卓で、ワンプレートみたいなご飯は時に淋しい。
手の込んだもので無くても、器が沢山並んだ食卓は賑やかで、
なんだかとても贅沢気分。
一応アタシ、うつわ作家だしね(^_−)−☆

今日のランチに、同時進行で作った副菜をご紹介。
白菜とジャガイモを使った合計3品。
白菜と昆布の浅漬け、白菜の軸のきんぴら、変わり粉ふきいも です。

先ずはジャガイモから。
小さめの一口大に切ったジャガイモを水から茹で始めます。

次に白菜。
今日は白菜から2品作っちゃう。
b0332557_03522501.jpg
白菜は、こんな感じで軸と葉を分けてカット。
味の染み込みやすい葉は浅漬けに、
歯ごたえが楽しい軸はきんぴらにします。
b0332557_03540252.jpg
葉は漬けると脱水して縮むので大きめに切り、
彩りの人参の千切りと、
出汁をとった後の昆布を、更に一晩水に漬け、
十分柔らかくした昆布の角切りに、
塩麹、米酢、白ごまを振りかけてから揉み込んで、
b0332557_03544241.jpg
上から小皿を載せて、その辺に有る瓶で重しをしておけば、
10分もあれば浅漬けの完成。
b0332557_04010204.jpg
白菜と昆布の浅漬け

浅漬けを仕込んだら、きんぴらを作ります。
b0332557_03552975.jpg
白菜は生でも食べられるので、
シャキシャキの食感を残したまま、2分で完成。
b0332557_04000947.jpg
白菜の軸のきんぴら
b0332557_03561568.jpg
その頃にはジャガイモが良い感じで茹で上がっているので、
蓋で押さえながらお湯を切って、
素早く砂糖、醤油、鰹節を振りかけ、
蓋をして粉ふきいもを作るのと同じように鍋を振ります。
そうするとさ…
b0332557_03565636.jpg
こうなる。
あっという間に鰹節が含んだ甘辛味が全体に行き渡って、
煮込んだ肉じゃが的な粉ふきいもの完成。
出来上がってからすぐに盛り付けないで、
2分ほど鍋の中で放置するのがコツです。
b0332557_04035832.jpg
変わり粉ふきいも

これは冷めても美味しい。お好みで七味を振りかけて。

せっかく色々出来たので、デザートの柿も盛り付けに一工夫。
柿は味も美味しいけれど、見た目がアート。
本当に秋〜って感じ。
ヘタが付いていてこそ、その美しさが堪能できると思うので、
ヘタを活かした盛り付けにしてみます。
b0332557_03574923.jpg
ヘタの周りにナイフを差し込むようにしてくり抜いて、
そこからクルリと皮を剥き、8等分に分けます。
b0332557_03582577.jpg
柿の形をそのままに、ヘタの方を上向きにして、
お皿に乗せます。
b0332557_03591325.jpg
窪みにヘタを乗せると…
ホレ、柿の復元。
ただの剥いた柿だけど、チョット和菓子の風情。

b0332557_04024585.jpg
椎茸と豆腐の味噌汁を添えて、本日のランチの完成♪

大したことの無い副菜で、しかも白菜二分割しての2品だけど、
こうやって並ぶと、なんだかね、
贅沢〜 な気分。
自分を喜ばせることも、毎日を楽しくするためには必要なのだ。



[PR]