<   2014年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

056.gifコンニチワン056.gif
b0332557_02200456.jpg
ぼくねー、今お散歩から帰って来たところー。
バーテンダーにマッサージさせてあげてるんだよ〜♪
親孝行(^_-)

・・・・・・
!(◎_◎;)
b0332557_02210766.jpg
あのねー
b0332557_02215260.jpg
みんなー!
ハッピーサンクスギビング〜♪
b0332557_04160820.jpg
お外はポカポカ、いいお天気058.gif

今日からアメリカは4日間のお休みで、
b0332557_02224169.jpg
ぼくも お昼寝したり…
b0332557_02231433.jpg
お昼寝したり…
b0332557_02240552.jpg
お昼寝したり…
しようと思います ^_^

では、また来週003.gif

・・・・・
( ̄▽ ̄)

[PR]

b0332557_05191478.jpg
やあ、皆んな(誰?)
今年の南カリフォルニアは暖かい058.gif
車での移動ばかりの私は、コート要らずの毎日です。
だけど季節は初冬につき、
気持ちの上で何かしら暖かさを添えたいところ。
b0332557_05301882.jpg
コレは先日ご紹介済みのシルクカシミアのポンチョ。
気に入ったんだよね、凄く。
今までの私のポンチョの認識は、ポンチョ=マントで、
有る意味両手が塞がれるので、不便&危険。
でもこの写真の形はどちらか一方の手は自由になるので、
車の運転も着たまま?羽織ったまま?出来ちゃう。
買っちゃう?もっと買っちゃう?
お気に入りのポンチョを眺めながら2~3分自問自答の結果、
コレ、簡単に作れます。

私ごときが2~3分で考えつくくらいだから、
DIYクイーンがひしめき合う日本では、既に常識かもしれないけど、
まあ、思いついたことを記録として残しておくことにします。
b0332557_05075546.jpg
こちらが完成図。

片側が繋がっていないので手は上げ下げ自由ながら、
ちゃんと固定されているので、例え走っても(いつ?)着崩れません。
そう、私は着崩れがイヤ。
格好良くさらりと肩に掛けた筈のストールが、
強風で着崩れた女ほど、情けない姿は無い。
さりとて背の低い私が首にグルグル巻きつける(ミラノ巻き?)と、
鞭打ち症のギブスみたいだー(>_<)
着崩れたストールが何かに巻き込まれて、
自分が怪我をしたり、人様に迷惑を掛けたりするのはもっとヤバイ。
だから今年の夏出会ったタイプのポンチョは嬉しかった053.gif

作り方は至って簡単。15秒で出来るよ。
用意するものは、お気に入りのストールと
そのストールの色に出来るだけ近い色のヘアゴム。
b0332557_05091965.jpg
ストールを中表にして半分に畳んで、
写真のように真ん中あたりを適量摘まんで、
ヘアゴムで縛ります。
それを結び目を軸にしてクルッと裏表を返します。
写真の向かって左半分側が頭から被るサイドですね。
b0332557_05095313.jpg
被るとこうなります。
このストールは、ブランケット並みに厚手なので、
結んだ部分が かさ高になって、
裏返すとこんな感じのゴージャスなドレープが出来ます。
b0332557_05064595.jpg
立ち姿の自撮りは限界が有るんだけど、雰囲気だけでも。
もう一度、今度はもっと薄手のストールで。

(因みに、なぜ王様がずっと傍に居るかというと、
ストールの玉になった部分をガシガシ噛みたいからψ(`∇´)ψ
そうはさせんっ!)
b0332557_05111886.jpg
中表にして〜半分に畳んで〜真ん中をゴムで縛って〜裏返し〜
ホレ、被ってミレ!
b0332557_05120786.jpg
落ち感の有る薄手の素材のストールなら、
こんな風にサラッとした仕上がりになります。
もっと小さな、マフラーの大きさのもので同じことをすると…
b0332557_05144342.jpg
中表にして〜半分に畳んで〜真ん中をゴムで縛って〜
b0332557_05153583.jpg
裏返し〜

あれ?玉が消えたゾ!by王様

被れ〜!
b0332557_05125792.jpg
ハイ、この通り。
コレはポンチョというよりケープだね。
シンプルなドレスのアクセントにも使えそう。

b0332557_05134279.jpg
いかがかしらん?この方法。
今年の冬はコレで攻めたいと思う私です016.gif



[PR]

今日のランチです。
b0332557_04544312.jpg
カレーうどん

寒くなると作りたくなるカレーうどん。
蕎麦処出身の私は、カレーうどんデビューが結構遅い。
それは10代の終わりから20代にかけて、
大阪、京都、神戸を半年程フラフラしていた頃。
うどんのチェーン店に連れて行ってもらって初めて食べて、
フォーリンラブ053.gif
私の記憶が確かなら、その店ではカレーうどんに、
なぜか必ずオレンジジュースが自動的に付いて来た。
今でもカレーうどんを食べると、
不安と自由は紙の裏表なんだっていう、
大人の掟を発見した当時の自分を思い出す。
青いぜ!

では、作ります。フライパンで。
b0332557_04553185.jpg
下処理をして小口に切った鳥もも肉を炒めます。
b0332557_04561696.jpg
大方火が通ったところに、ネギと玉ねぎを入れて更に炒めます。
このネギのダブル使いが私のカレーうどん。
b0332557_04571126.jpg
ここに分量をちゃんと測った出汁を加えます。
今日は昆布と鰹で取りました。
私は出汁味が勝ったカレーうどんが好きなので、
この時点で、少し薄めながらしっかり普通のうどん出汁の味加減。
b0332557_04575653.jpg
ここにカレーパウダーを振り入れます。
b0332557_04584605.jpg
自分的OKが出たら片栗粉でトロミを付け、
海老と帆立、二種類の練り物を投入。
b0332557_04593824.jpg
更にうどんを加えて煮込み、
b0332557_05003641.jpg
うどんが完全に温まったら火を止めて、
青ネギを加えて一混ぜ。
b0332557_05013365.jpg
器に盛り付けて更に飾りのネギを乗せて、
出来上がり〜♪

カレーうどんデビューの頃の私は、
やがて渡米し、遅まきのキャンパスライフを過ごし、
南カリフォルニアの自分の陶芸スタジオで土を捏ね、
台所でカレーうどんを作ってる自分を、
想像することもできなかったよ。

その道がベストだったのかどうかは永遠に分からないけど、
未来が見えないって素敵だ。
私、そう思うよ (^_-)


[PR]
b0332557_03532502.jpg
今日のランチの主菜は、生サーモンの照り焼きです。

でも私的主役は、野菜の副菜。
贅沢を言ったらきりが無いけれど、
和食の場合特に、オカズは品数が多いと嬉しい私。
なんならメインは要らないから、副菜沢山プリーズ。
二人きりの食卓で、ワンプレートみたいなご飯は時に淋しい。
手の込んだもので無くても、器が沢山並んだ食卓は賑やかで、
なんだかとても贅沢気分。
一応アタシ、うつわ作家だしね(^_−)−☆

今日のランチに、同時進行で作った副菜をご紹介。
白菜とジャガイモを使った合計3品。
白菜と昆布の浅漬け、白菜の軸のきんぴら、変わり粉ふきいも です。

先ずはジャガイモから。
小さめの一口大に切ったジャガイモを水から茹で始めます。

次に白菜。
今日は白菜から2品作っちゃう。
b0332557_03522501.jpg
白菜は、こんな感じで軸と葉を分けてカット。
味の染み込みやすい葉は浅漬けに、
歯ごたえが楽しい軸はきんぴらにします。
b0332557_03540252.jpg
葉は漬けると脱水して縮むので大きめに切り、
彩りの人参の千切りと、
出汁をとった後の昆布を、更に一晩水に漬け、
十分柔らかくした昆布の角切りに、
塩麹、米酢、白ごまを振りかけてから揉み込んで、
b0332557_03544241.jpg
上から小皿を載せて、その辺に有る瓶で重しをしておけば、
10分もあれば浅漬けの完成。
b0332557_04010204.jpg
白菜と昆布の浅漬け

浅漬けを仕込んだら、きんぴらを作ります。
b0332557_03552975.jpg
白菜は生でも食べられるので、
シャキシャキの食感を残したまま、2分で完成。
b0332557_04000947.jpg
白菜の軸のきんぴら
b0332557_03561568.jpg
その頃にはジャガイモが良い感じで茹で上がっているので、
蓋で押さえながらお湯を切って、
素早く砂糖、醤油、鰹節を振りかけ、
蓋をして粉ふきいもを作るのと同じように鍋を振ります。
そうするとさ…
b0332557_03565636.jpg
こうなる。
あっという間に鰹節が含んだ甘辛味が全体に行き渡って、
煮込んだ肉じゃが的な粉ふきいもの完成。
出来上がってからすぐに盛り付けないで、
2分ほど鍋の中で放置するのがコツです。
b0332557_04035832.jpg
変わり粉ふきいも

これは冷めても美味しい。お好みで七味を振りかけて。

せっかく色々出来たので、デザートの柿も盛り付けに一工夫。
柿は味も美味しいけれど、見た目がアート。
本当に秋〜って感じ。
ヘタが付いていてこそ、その美しさが堪能できると思うので、
ヘタを活かした盛り付けにしてみます。
b0332557_03574923.jpg
ヘタの周りにナイフを差し込むようにしてくり抜いて、
そこからクルリと皮を剥き、8等分に分けます。
b0332557_03582577.jpg
柿の形をそのままに、ヘタの方を上向きにして、
お皿に乗せます。
b0332557_03591325.jpg
窪みにヘタを乗せると…
ホレ、柿の復元。
ただの剥いた柿だけど、チョット和菓子の風情。

b0332557_04024585.jpg
椎茸と豆腐の味噌汁を添えて、本日のランチの完成♪

大したことの無い副菜で、しかも白菜二分割しての2品だけど、
こうやって並ぶと、なんだかね、
贅沢〜 な気分。
自分を喜ばせることも、毎日を楽しくするためには必要なのだ。



[PR]
タイ王国の正式名称知ってる?

クルンテープ・マハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・
マヒンタラーユッタヤー・マハーディロック・ポップ・ノッパラット・
ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・
アモーンピマーン・アワターンサティット・
サッカタッティヤウィサヌカムプラシット

なのさ( ̄▽ ̄)

この長〜〜〜い名を持つ愛しの国へは、
数え切れないほど行ってますが、
実際のところトムヤム鍋という鍋料理が有るかどうか知りません。
私自身は食べたことも聞いたこともなし。
タイの鍋料理といえばタイスキだけど、
タイスキはトムヤム味じゃ無いしねえ。

とりあえず・・・
私が作るトムヤム鍋とは、つまり具沢山のトムヤムクンです。
夏はタイスキ、冬はトムヤム鍋。
どういう訳か、家ではそういうことになっています。
では、作りましょう♪
b0332557_12084246.jpg
先ずは手羽元を茹でつつ、スープベースを取ります。
アクを取りながら一時間はコトコト茹でたい。
これで、鳥肉はホロホロと柔らかく骨から外れ、
美味しいスープベースも出来上がります。
b0332557_12093653.jpg
その他の材料はお好みで。
今日はエリンギ、椎茸、しめじ、青梗菜、
牛すじ、エビ、ホタテの練り物。
後、忘れちゃいけないのはトマト。
写真は撮り忘れたけどね(^^;;
b0332557_12103885.jpg
トムヤムには不可欠なスパイス類。
ライム、タイ生姜、コブみかんの葉、レモングラス、トムヤムペースト。
b0332557_12112258.jpg
タイ生姜、コブみかんの葉、ライム、レモングラスを、
スープベースに入れて、沸騰したら有頭海老を殻ごと入れて、
色が赤く変わるまで茹でて、取り出します。
b0332557_12120960.jpg
これが茹でた手羽元と海老。
食べる時には温めればOK。
b0332557_12125070.jpg
手羽元と海老から素晴らしいスープが出てます。
ここにトムヤムベースを加えて準備完了。
味の目安は、少し薄めのトムヤムクン。
b0332557_12133781.jpg
後は好きな具材を入れて火を通します。
b0332557_12143435.jpg
海老は、小鉢に取ってから頭を外し、
中に詰まっている味噌をスープに溶かし込むと最高!
仕上げにフレッシュライムを絞って頂きます。
b0332557_12152785.jpg
〆はタイの国民食、トムヤムラーメン。
一緒に落とし卵を作って…
b0332557_12161114.jpg
半熟の黄身を崩しながら食すべし。
最高っすね〜070.gif

[PR]

b0332557_08151383.jpg
ども。

今朝、私が毎朝見ているローカルニュースで、
毎年恒例の面白リサーチの結果をレポートしていた。
面白リサーチなので、アカデミックな根拠のない気楽なヤツね。
設定は、LAユニオンステーションで、とても美しい若い女性が、
アンケート用のボードを持って構内に立ち、
男性をターゲットに、アンケートの協力を求めるもの。
最初はフラットシューズを履いて、次にハイヒールを履いて、
時間を変えて、それぞれ同じように協力を求めたところ…

フラットシューズ(素敵な靴だったわよ)着用時は、
なんと全滅 (*_*)
一方ハイヒールを履いている時は見事に全員が立ち止まった!
どころか、自ら率先してアンケートに答えるべく歩み寄ってきた‼︎
靴以外は全部、同じ女性だよ‼︎‼︎‼︎
見よ!ハイヒールの威力075.gif
その後テレビ局がタネ明かしをし、インタビューに答えた男性陣によると、
ハイヒールを履いた女性は魅力的に見えると同時に、
お近づきになりたいと即座に思うのだそうだ。
例えアンケートに答えるだけだとしてもなっ。

確か昨年の面白リサーチのテーマは色。
奥さんや恋人に着て欲しく無い服の色ナンバーワンは
黒!と言う結果が出た!(◎_◎;)
フラットシューズと黒い服。
私がこよなく愛するファッション2大アイテムは、
実はLA界隈の男性が好まないと言う事実。
覚えておこう。そして…
もしもいつか、駅でアンケートを取る大役を仰せつかった暁には、
赤かピンクか黄色のドレスを着て、ハイヒールを履いて行こう。
きっと人集りができるだろう。別の意味でψ(`∇´)ψ

では、昨日の続きです。
b0332557_08213647.jpg
お洋服はそのまま、今度はこの靴とバッグ。
靴はポニースキンのSlip-on、
b0332557_08181925.jpg
バッグは大好きなメッシュレザー。
なぜ好きかというと、このシリーズは凄く軽いんだよね。
結構大きめでも500gぐらい。
よって気に入ったデザインが出た時に買ってます。
老後の投資( ̄▽ ̄)
だってね、年々、重いバッグが嫌になってるもん。
b0332557_08185216.jpg
アメリカではHoboに分類される、
脇に抱えるタイプの短いショルダーなんだけど、
肩掛けだと上手く自撮り出来ず~_~;

最後はこちらのコンビネーションで。
b0332557_08202413.jpg
ベージュのキルティングレザーの靴とバッグ。
b0332557_08194399.jpg
ベージュと黒は良いね053.gif
このバレリーナフラットは結構昔のもので、
今では買わない先の丸いタイプです。

私の今の気分では、やはり丸さが気になるんだけど、どう思う?
誰もそんなとこまで見てねーよ、だよね (⌒-⌒; )
でも久しぶりにこのセットを黒と合わせて見たら、
これはこれでアリかもと思いました。

最後に、今回チョイスしたアクセサリー
b0332557_08220269.jpg
ゴールドの極細チェーンの重ね付けに、
大粒パールのピアスです。
パールさえ、私がすると不真面目感満載になるから不思議です027.gif

あなた(誰?)が思う、
あなた自身の内面と最も一致していると思う色は何色ですか?

では。

[PR]
b0332557_08140549.jpg
えー!またやるのー? by 王様
イイじゃん! by アタシ

私が自撮りをするのは、朝と決まっていて、
王様とのお散歩から帰った直後。
最近王様はそのタイミングを把握してきて、
始めると大きなため息をつく様になった( ̄▽ ̄)
私が奴に相手の都合を尊重するということを教えなかったツケだ。

日本に住む、私が大変尊敬申し上げて居る日本画家の友人が居る。
もう80歳を超えておられる魅力溢れる女性だ。
彼女は余程のことが無い限り、冠婚葬祭の席には出席されない。
もう十分なのだそうだ。尤もだ。
ご自身がどうしてもと望まれる場合のみのご出席になるが、
婚儀はもとより葬儀の席にも、黒はお召しにならない。
理由は至ってシンプルで、黒はご自身を表す色では無いと仰る。
大切な人の魂を心を込めてお送りするならば、
最も自分自身を表す姿で臨むのが当然というお考えのもと、
濃紺や濃茶を選んで出席される。
周囲からの陰での批判は重々ご承知だが、意に介されない。
その彼女の姿勢にこそ、彼女が葬儀に参列することの真の意義が有ると、
私はそう思っている。

誰の為に、自分は何をしたいのか?
常識的な知人を持つことは比較的容易いが、
自分の為にひたすら誠実を貫いてくれる友人を、
どれほどの人が持てるというのか?
彼女の選ぶ濃紺や濃茶はそれに関わる選択だ。
私は服の色のことを考えるたび、彼女のことを思い出す。
安易に着る色を選ぶべきでは無いのかもしれない。

一方、私のクローゼットは黒で埋め尽くされている。
私はここで便宜上黒を色と分類しているが、
無論色彩学的には黒は色ではない。
良くも悪くも全てを吸収する闇が黒。
引き合う力のバランスが崩れると、色に飲み込まれてしまう。
黒を着て派手になる人と地味になる人が居るのは、
そんな理由からだと思う。
どちらが良い悪いという問題ではなく。
b0332557_08143791.jpg
私自身は自分のことを黒が派手になるタイプだと思っている。
私の手持ちの服の80%は黒。
残りの20%を白とグレーと紺、僅かにその他の色が分け合う。
私が黒を最も多く選ぶ理由は、
黒を来た時に人様が受ける私の印象と、
私自身の内面が一番一致していると感じているからだ。

黒はカラフルでは無いけれど、つまらない色でもないと思う。
全身を黒で統一しても、
持ち物や羽織るものだけで十分雰囲気は変わると思うから。
今日は私が黒を着る時の、小物合わせを記録しておくことにしよう。
b0332557_08210341.jpg
このバッグと靴を合わせた場合、もう全てが黒の世界。
それでもこの格好で葬儀に参列することは出来無いし、
控えめと言うより、挑戦的な組み合わせ。
あれ?それはむしろ中身の問題か!?
b0332557_08174608.jpg
このバッグはレザーにバラバラになるかと思うほどのスリットが入っていて、
二重になった内側の素材がスリットから覗きます。
ジーンズに例えるならクラッシュタイプ。
更に、写真では見えないけれど、
バッグを開けると内側は鮮やかなフューシャピンクです。
ベルトを明るい茶色にすることで、ファンキーな感じをチョット抑える。
b0332557_08170439.jpg
と、ここまで書いて、
なんかちょっと飽きてきたので(きっと読んで居る方はもっとだろう)
続きはまた明日。
明日はもう2パターン、別のバッグと靴の組み合わせを検証します。
…というか、させて下さい m(._.)m

つづく



[PR]
今日のランチ
b0332557_13215141.jpg
麻婆ナス
青梗菜のナムル
ニラとワカメのスープ

ナスは数有る野菜の中でも大好きな野菜の一つです。
和でよし、中華でよし、イタリアンでよし、
中近東の料理やギリシア料理にも頻繁に使われるよね。
私は今日は中華で。
b0332557_13223638.jpg
調味料は、鶏がらスープ、、紹興酒、甜麺醤、豆板醤、
醤油をミックスした調味液。
スパイスは花椒、五香粉を使います。
b0332557_13231473.jpg
私のナス料理には欠かせない、塩水に浸ける→
水を切る→油を全体にまぶす処理をしたナスを、
少量のごま油で蓋をして焼きます。
b0332557_13235395.jpg
こんな感じで所々焦げ目が付いたら取り出します。
b0332557_13243354.jpg
同じフライパンで豚ひき肉を炒め、大方色が変わったら、
生姜とニンニクのみじん切りを加えて更に炒めます。
ニンニクと生姜ね、通常最初に入れて香りを立ててから使うのが一般的だけど、
特にニンニクはきつね色になるまで加熱すると、
風味が変わるんだよね。
だから私はどういう風味が欲しいのかで、
先に入れたり後から入れたりしてます。
b0332557_13251518.jpg
ここに調味液を流し込みます。
私は自分で作るなら、麻婆ナスにしろ麻婆豆腐にしろ、
多めのスープに片栗粉でトロミを付けるタイプより、
炒め合わせた感じが好きなので、水分が少ないです。
滑らかなトロリとした部分が欲しければ、スープの分量多めで。
b0332557_13255915.jpg
ここでナスを戻します。
大きく混ぜながら、ナスが再び温まったら出来上がり。
b0332557_13273869.jpg
器に盛り付けて、青ネギを散らします。

こういう時、夏場なら生野菜も良いんだけど、
身体を冷やすんだよね、生野菜。
なので今日は茹でた青梗菜を使ってナムルにします。
b0332557_13292842.jpg
サッと茹でた青梗菜のお湯を切って、
茹でていた鍋に戻したら、
オイスターソース、ごま油、黒胡椒、白ごまで合えるだけ。
b0332557_13285065.jpg
青梗菜も鍋もまだ熱いうちに和えて2〜3分置くと、味が馴染みます。
麻婆ナスの味が濃いので、極力薄味で良いです。

お料理で、油の摂取に注意することも大切だけれど、
私はどちらかというと塩分過多のほうがが怖いかな。
無意識にとってしまう危険は油より塩分の方が大きい気がして。
サラダ等は、食べる時にドレッシングをかけるのではなく、
前もって和えるようにしたり、
お浸し類も、直接醤油をかけるのでは無く、
薄めのだし醬油に浸して、正統派お浸しでいただくようにしています。

少しの工夫の積み重ねで、無理せずセーブを心がけてます。
エネルギーも塩分も。




b0332557_03410940.jpg
< 追伸 >
お料理とは関係ない話なんだけど。。。
少し前に盲導犬がフォークで刺される?という事件が報道されたよね。
そのニュースを知った夜、私は一晩眠れないほどショックだった。
犯人が捕まったという続報も聞かないし、どうなったのかと思っていたら、
実は刺されたのでは無く、皮膚病だった可能性が高いのでは?
というニュースが!
真実は判らないけれど、そうで有って欲しいと思う。

もしも刺されていたのでは無く、皮膚病だったと言うのが真相なら、
先ずは盲導犬に酷いことをした人が実在しなかったことが嬉しい。
そして盲導犬が刺されたことを、沢山の方々が問題視し、
沢山の警察の方々が本気で捜査してくれたことが嬉しい。
捜査って言うのは犯人を捕まえることだけじゃ無くて、
悪人がいないことを証明すると言う重要な役割も有るんだよ。
最高じゃん、日本!

そしてもう一つ。
悪人が実在しないなら大変結構だけれど、
刺されたか!と思うほどの皮膚病だったのなら、やはり心が痛む。
犬の健康状態をチェックするのに、目視確認は外せない。
盲導犬の飼い主さんは、目で愛犬の健康状態を確認できないのだから、
目の見える人がその部分を補なわないと、飼い主さんも犬も可哀想だ。
盲導犬は目のご不自由な方だけのために働いてくれてるんじゃ無い。
例えば盲導犬は、杖に比べて遠くからでも後方からでもよく見える。
だから私も盲導犬を確認次第、
車や徒歩でのでの側方通過に細心の注意を払える。
目の見えている私こそ、それに甘えて細かい見落としだらけだ。
だから盲導犬は、私のためにも働いてくれていることになる。
盲導犬は社会を守ってくれている宝物なんだね。
これからは健康チェックと言う観点からも、盲導犬を見守ろうと思う。

今後この事件の真相が明らかになるのかどうかは分からないけれど、
少なくとも私はこの一件でいろんなことを考え、学ぶことが出来た。
改めて盲導犬に心から感謝しなきゃね。
いつもありがとう053.gif




[PR]
日が暮れるのがすっかり早くなって、
夕方王様と外に出ると、
辺りは暖炉の煙突から立ち上る薪の燃える香りに包まれています。
もうそんな季節です。
これから何かと気ぜわしくなりますね。

今日は忙しい時期の来客にも、おうちご飯にも重宝して居る、
ちょっと目先の変わった盛り込み弁当をご紹介します。
今日のランチです。
b0332557_10575131.jpg
これは朱塗りの大きなお盆に盛り込んだお弁当のおかず。
盛り込んだおかずは、上から

蟹と豚ひき肉のベトナム春巻き
麻婆ナス
ブロッコリーの辛子味噌
豚の味噌漬け
卵焼き
大根のきんぴら
蒸かしさつまいも
ぶどう

何のことは無い、至って普通のお弁当のおかずです。
お弁当のおかずの良いところは、
前もって全部準備しておけること、
有る程度冷めても美味しいこと、
少量ずつでも色々頂けるので、満足感が高いこと、
味付けが濃いめなので、酒の肴にもなること、
水分が無いので盛り付けがし易いこと、
色々あります。

これらを大きなお盆にまとめて盛り込むことで華やかになって、
お弁当箱でのおもてなしは流石に気が引けるような、
普通のおかずが特別になっちゃう。
冷蔵庫に少しずつ残ったお惣菜が新たに輝く072.gif
私は週に一度だけですが、お弁当を作り慣れて居る方なら尚更、
アイディアは無限大だと思います。

時間差で何人かの来客が有ったり、
お酒を飲む人、ご飯を食べたい人、それぞれが同じものを食べられます。
その上洗い物がとっても少なくて済みます。
お醤油やタレなどを別添えする必要も有りませんから、別皿も不要。
それぞれのおかずに前もってソースやタレは仕込まれていますから。
良いことづくめでしょ? ^_^

盛り込む時に私が考えるのは、食べ易さと清潔感。
隣り合ったおかず同士の味が混ざってしまわないことも大切。
それ以外は自由! フリーダム!
箱に詰めるという制約が無いので、
高く盛って立体感を出したり、庭の植物をあしらったり、
心の赴くままに、クリエイティブに楽しく盛り込みます♪
私はお正月のおせち料理も、重箱に詰めるのは元旦の朝だけで、
その後の来客には、
これよりもっともっと大きな塗り盆に盛り込むことが多いです。

b0332557_10583816.jpg
ゆかりご飯とお味噌汁を添えて♪

盛り込みのデザインは、慣れが肝心。
迷っていじり過ぎると収拾がつかなくなります。
あくまでもインスピレーションに任せて楽しみます。
かく言う私も、今日のデザインに満足してないです(^^;;
夏の間ご無沙汰だったので、今日のランチは思い立って
残り物に少し新しく作り足して、練習することにしました。
これからこんなおもてなしが多くなりますので、
何度か練習して感覚を取り戻したいと思っています。

ステキなのが出来たら
見せてね(^_−)−☆



[PR]


昨日からの続きです。
というかちょっと話は飛躍するんだけど、
私が日本に帰国する場合、仕事の都合で都心のホテルに滞在します。
で、通勤時間帯に窓から見下ろすと、マスゲームが見える。
同じ色の服を着て、同じ方角に、一糸乱れぬ動きで人が行進して行く。
それは音の無いデジタルアートのよう。

そして私は、かつて自分も属していたその世界を眺めながらいつも思う。
これだけ人と人との距離が接近していれば、
見る必要の無いものが見え、感じる必要の無いものを感じて、
苛立ったり、不安になったり、劣等感を持ったり、
疎外感を感じてしまう人も多いのだろうなあと。

他人の衣服や持ち物の値段、
人間(動物)なら当たり前に持っている体臭、
隣人の収入、バケーションの過ごし方、家庭環境、、、、
それらが一瞬で見えるほど、隣人との距離が近く、
その上多くの人が殆ど同じ時間に同じ行動をしているのが、
国内に時差の無い国、日本。

一方私の住むアメリカは、ご存知の通り国内に時差が有る。
日本のように祝日が多くないから、
それぞれが都合に合わせて休暇をとる。
だから働く時間も、休日もバラバラ。
宗教も民族も入り乱れているから、
正月も安息日も建国記念日も てんでんバラバラ。

バーテンダーのオフィスでは、
東海岸を担当している営業は朝5時前に出社している。
西海岸の午前5時は東海岸の午前8時で稼働時間なのでそれが普通。
その代わり、こちらの午後3時、東海岸時間の午後6時を過ぎれば、
仕事が無くなるので、さっさと帰宅する。
同じくヨーロッパやアジアにも、それぞれの時間が流れ、
それに合わせて仕事の緊張のピークが異なるので、
結局オフィスが暗闇になる時間は短い。

レストランで食事をするのも、マーケットで買い物するのも、
ジムに行くのも、テレビを見る時間もそれぞれ違う。
通勤途中で見ている景色も違うし、
宗教によって、子供が通う学校が異なることも多い。
なもので、長年共に働いていても、時にお互いの話が噛み合わない。
共通な部分だけを持ち寄って、むやみに踏み込まなければ上手く行く。
学生生活を終え社会に出て、そういった環境で働いているうちに、
「人はそれぞれ違う」ということが骨身に焼きつくのだろう。
他人は他人だ。良くも悪くも。

それでは日々の献立番外編の続きです。
b0332557_04075487.jpg
ソース焼きそば

b0332557_04085059.jpg
ガーリック炒飯 / 春巻き添え
ワカメスープ

b0332557_04095505.jpg
ガーリックポーク / タイスタイル
豚汁
b0332557_04104719.jpg
トマトのハニーバルサミックマリネ
生ハムとペコリーノの盛り合わせ
b0332557_04124939.jpg
麻婆豆腐

b0332557_04144972.jpg
麻婆カレー
グリーンサラダ / ジンジャードレッシング
※この麻婆カレーは前日の麻婆豆腐残りをスープで伸ばして、
市販のカレールーを加えて作るカレーです。
我が家では麻婆豆腐の翌日の定番。美味しいです。
余った麻婆豆腐とカレールーと勇気の有る方は一度お試し下さい。


結局バーテンダーと私の会話は、きょうの料理の食材から、
日本とアメリカの違いにまで拡大してしまったわけなんだけど、
最終的には「日本は弾かれやすい国だ」という所にたどり着きました。

日本人の真面目さや向上心の強さ、
協調性を尊ぶ意識の高さから、
理想追求型のハイスタンダードによって、
いつの間にか はじき出されてしまう人がいたら悲しい。
日本は識字率も極めて高く、
衛生、道徳観念も最高レベルに間違いない。
でもそれは裏を返せば普通に暮らしていても、
ふとしたきっかけで、落ちこぼれる可能性が有るということ。

もっと具体的に言えば、
「家族の健康を考えたら、国産の食材意外怖くて買えないわねえ」
と誰かが大きな声で言い始めた途端、
安価な輸入食材を、知り合いが見ていないかどうか
確認しながら買わなくてはならない人が出てくるような、
私から見たら実に下らないスタンダードが、
人を弾き出すような現象。
人には皆それぞれの事情が有る。

キュウリには真っ直ぐなものもU字に曲がったものも有ることや、
少しくらい萎びた大根だって、調理次第で立派なおかずになることや、
オイスターソースが無くても中華料理風は作れることや、
最高級の食材で料理することだけが、
家族の健康を考えている証なのではないことや、
着ているものの値段が、
社会に対する責任感の高低を測る物差しでは無いことや。。。

そして何より、一般論として正しいと思われる行動や、
誰の目から見ても理想的と思われる行動であっても、
それを声高に主張することで、
今はそれが行えない状況にある一部の人を、
無意識のうちに はじき出してしまう可能性が有ることを、
私はせめて身内の若い衆ぐらいにはに伝えたいと思う。

なぜ伝えたいか?

物には様々な形が有って、
世界には様々な考え方の人がいることを知ることで、
この世に例外や規格外など存在しないことが解るからだ。
絶対的に正しいことや、絶対的に間違ったことより、
ケースバイケース、どちらでも無いことの方が、
この世にはずっとずっと多いという事実を、
心の底から理解できるからだ。
それが解れば、他人にも自分にも寛大になれる、
人は人自分は自分、と笑って暮らせるからだ。

最後に、私がNHKのきょうの料理をこよなく愛していることと、
講師の先生方のお料理に対する情熱に、
心から敬意を払っていることを付け加えておきます。
これからも見るもんね (^_−)−☆

おしまい。


[PR]