カテゴリ:日々の献立 番外編( 11 )

皆様(誰?)こんにちは。
今日は嬉しいお知らせです! はあ?
わたくし、只今疲労困憊ですので、
本日の番外編は駄文ナシ、写真のみご覧ください。
では。
b0332557_08404012.jpg
娼婦のパスタ/プッタネスカ
キュウリ・大根・ハムの辛子マヨネーズサラダ

b0332557_08413205.jpg
味噌バター野菜ラーメン

b0332557_08430605.jpg
イワシとバジルのチャーハン
トムヤムクン

b0332557_08434822.jpg
湯豆腐

b0332557_08452562.jpg
フレンチツナサラダ

b0332557_08460646.jpg
フレンチオニオンスープ

b0332557_08464885.jpg
キノコとほうれん草の煮込みハンバーグ定食

b0332557_08473304.jpg
白菜とチキンのクリームシチュー

b0332557_08482054.jpg
日式ソース焼きそば

b0332557_08504848.jpg
ヨーグルトシーザーサラダ

b0332557_08490911.jpg
おでん


[PR]


昨日からの続きです。
というかちょっと話は飛躍するんだけど、
私が日本に帰国する場合、仕事の都合で都心のホテルに滞在します。
で、通勤時間帯に窓から見下ろすと、マスゲームが見える。
同じ色の服を着て、同じ方角に、一糸乱れぬ動きで人が行進して行く。
それは音の無いデジタルアートのよう。

そして私は、かつて自分も属していたその世界を眺めながらいつも思う。
これだけ人と人との距離が接近していれば、
見る必要の無いものが見え、感じる必要の無いものを感じて、
苛立ったり、不安になったり、劣等感を持ったり、
疎外感を感じてしまう人も多いのだろうなあと。

他人の衣服や持ち物の値段、
人間(動物)なら当たり前に持っている体臭、
隣人の収入、バケーションの過ごし方、家庭環境、、、、
それらが一瞬で見えるほど、隣人との距離が近く、
その上多くの人が殆ど同じ時間に同じ行動をしているのが、
国内に時差の無い国、日本。

一方私の住むアメリカは、ご存知の通り国内に時差が有る。
日本のように祝日が多くないから、
それぞれが都合に合わせて休暇をとる。
だから働く時間も、休日もバラバラ。
宗教も民族も入り乱れているから、
正月も安息日も建国記念日も てんでんバラバラ。

バーテンダーのオフィスでは、
東海岸を担当している営業は朝5時前に出社している。
西海岸の午前5時は東海岸の午前8時で稼働時間なのでそれが普通。
その代わり、こちらの午後3時、東海岸時間の午後6時を過ぎれば、
仕事が無くなるので、さっさと帰宅する。
同じくヨーロッパやアジアにも、それぞれの時間が流れ、
それに合わせて仕事の緊張のピークが異なるので、
結局オフィスが暗闇になる時間は短い。

レストランで食事をするのも、マーケットで買い物するのも、
ジムに行くのも、テレビを見る時間もそれぞれ違う。
通勤途中で見ている景色も違うし、
宗教によって、子供が通う学校が異なることも多い。
なもので、長年共に働いていても、時にお互いの話が噛み合わない。
共通な部分だけを持ち寄って、むやみに踏み込まなければ上手く行く。
学生生活を終え社会に出て、そういった環境で働いているうちに、
「人はそれぞれ違う」ということが骨身に焼きつくのだろう。
他人は他人だ。良くも悪くも。

それでは日々の献立番外編の続きです。
b0332557_04075487.jpg
ソース焼きそば

b0332557_04085059.jpg
ガーリック炒飯 / 春巻き添え
ワカメスープ

b0332557_04095505.jpg
ガーリックポーク / タイスタイル
豚汁
b0332557_04104719.jpg
トマトのハニーバルサミックマリネ
生ハムとペコリーノの盛り合わせ
b0332557_04124939.jpg
麻婆豆腐

b0332557_04144972.jpg
麻婆カレー
グリーンサラダ / ジンジャードレッシング
※この麻婆カレーは前日の麻婆豆腐残りをスープで伸ばして、
市販のカレールーを加えて作るカレーです。
我が家では麻婆豆腐の翌日の定番。美味しいです。
余った麻婆豆腐とカレールーと勇気の有る方は一度お試し下さい。


結局バーテンダーと私の会話は、きょうの料理の食材から、
日本とアメリカの違いにまで拡大してしまったわけなんだけど、
最終的には「日本は弾かれやすい国だ」という所にたどり着きました。

日本人の真面目さや向上心の強さ、
協調性を尊ぶ意識の高さから、
理想追求型のハイスタンダードによって、
いつの間にか はじき出されてしまう人がいたら悲しい。
日本は識字率も極めて高く、
衛生、道徳観念も最高レベルに間違いない。
でもそれは裏を返せば普通に暮らしていても、
ふとしたきっかけで、落ちこぼれる可能性が有るということ。

もっと具体的に言えば、
「家族の健康を考えたら、国産の食材意外怖くて買えないわねえ」
と誰かが大きな声で言い始めた途端、
安価な輸入食材を、知り合いが見ていないかどうか
確認しながら買わなくてはならない人が出てくるような、
私から見たら実に下らないスタンダードが、
人を弾き出すような現象。
人には皆それぞれの事情が有る。

キュウリには真っ直ぐなものもU字に曲がったものも有ることや、
少しくらい萎びた大根だって、調理次第で立派なおかずになることや、
オイスターソースが無くても中華料理風は作れることや、
最高級の食材で料理することだけが、
家族の健康を考えている証なのではないことや、
着ているものの値段が、
社会に対する責任感の高低を測る物差しでは無いことや。。。

そして何より、一般論として正しいと思われる行動や、
誰の目から見ても理想的と思われる行動であっても、
それを声高に主張することで、
今はそれが行えない状況にある一部の人を、
無意識のうちに はじき出してしまう可能性が有ることを、
私はせめて身内の若い衆ぐらいにはに伝えたいと思う。

なぜ伝えたいか?

物には様々な形が有って、
世界には様々な考え方の人がいることを知ることで、
この世に例外や規格外など存在しないことが解るからだ。
絶対的に正しいことや、絶対的に間違ったことより、
ケースバイケース、どちらでも無いことの方が、
この世にはずっとずっと多いという事実を、
心の底から理解できるからだ。
それが解れば、他人にも自分にも寛大になれる、
人は人自分は自分、と笑って暮らせるからだ。

最後に、私がNHKのきょうの料理をこよなく愛していることと、
講師の先生方のお料理に対する情熱に、
心から敬意を払っていることを付け加えておきます。
これからも見るもんね (^_−)−☆

おしまい。


[PR]
夕べ、録画していたNHKきょうの料理を見ている時、
バーテンダーがポツリと言いました。
「きょうの料理って、ちょっと食材が良過ぎるんじゃないかなあ?」
私も丁度同じことを考えていたので、
ひとしきりそのことについて話し込んじゃってさ018.gif

実際のところ、一般家庭で皆様は毎日、
あそこまで美しい食材を使っていらっしゃるのかしら?
時々は少々難ありの食材を工夫して使っておられるのでは?
きょうの料理はテレビだから、見栄えも大切だっていうのはわかるよ。
でもテーマはほとんど家庭料理。
料理のベテランだったらまああれはテレビだからで済むけれど、
このテレビを見て、お料理頑張ろう!
そう張り切っているお料理初心者の方が、
あの食材を見たら、どうなんだろう?
実際テレビ通りに作ってみても、色々と違う現実に、
がっかりしたり、私には無理かも、とか思わないで、
明日もまた楽しくお料理してくれるんだろうか?

では、日々の献立 番外編です。
b0332557_04005834.jpg
2段海苔弁当
タラの味噌漬け
ミニ・シーフードグラタン
かぼちゃの田舎煮
大根のきんぴら

b0332557_04015130.jpg
ムー・パッ・バイ・カパオ/ 豚ひき肉のバジル炒め

b0332557_04030344.jpg
ナス、ほうれん草、コーン、ソーセージのガーリックソテー
マカロニサラダ
大根のきんぴら
b0332557_04040772.jpg
ベイクドポテトとチェダーチーズのスープ
バゲットサンドイッチ

b0332557_04050818.jpg
キノコとほうれん草とツナの和風醤油スパゲッティ

b0332557_04060891.jpg
ナムトック/ タイスタイル・ビーフステーキサラダ
蟹と豚ひき肉のベトナム揚げ春巻き

b0332557_04070380.jpg
親子丼
キノコとほうれん草の味噌汁
キャベツとニンジンの甘酢漬け

私の父は仕事を退いてからは農業三昧で、
実家の家族は野菜を買うことなく父の作ったものを食べています。
すごく美味しいし、安全だし、季節を堪能できるし、
言うことなしなんだけど、見た目はちょっとね。
キュウリなんてU字ぐらいまで曲がっているのも有るし、
虫の食った葉野菜も有るし、
ジャガイモやネギは長期で保存するから、芽が出ていたり、
しなびていたりもします。
私自身もアメリカで、野菜なら形も状態も様々なものと格闘しているし、
肉の薄切りなんていうのは、一般的じゃ無いもんだから、
日系マーケットにでも行かない限り手に入らないので、
別のカットのお肉で代用しなきゃならないしね。
でもそういうのが、家庭料理の工夫のしどころだったり
面白みだったりすると私は思うんだけど。。。

なんだかね、きょうの料理で準備されている、
高級料亭で使われる様な野菜が、
無言で普通の暮らしをしている人たちを弾いている気がしちゃう。
例えばU字に曲がったキュウリを綺麗な千切りにするためには、
全く別の切り方をする必要が有るわけで・・・
料理のプロが最高の食材を使って作ったお料理と同じには行かないよね。
もちろん出演されている先生方の中には、
そういうことがよく判っておられる方が沢山いらして、
「ちょっと材料がね、良過ぎますね」
と、さり気なく視聴者を気遣っておられるのが伝わって来るんですが、
ホラ、何分にもテレビだから見栄えとかね(-_^)

長くなったので、今日はこの辺で。
明日はもう少しこのことについて書いてみようと思っています。


[PR]
私はチャキチャキの麺食い\(^o^)/
そんな私の日々の献立 番外編、今日は麺づくしです。
b0332557_07000164.jpg
味噌バター焼豚麺
b0332557_07015115.jpg
娼婦のパスタ / プッタネスカ
b0332557_07044555.jpg
オクラとキノコのおろしぶっかけ蕎麦
大根と小イカの炊き合わせ
b0332557_07053832.jpg
まさかの今年初!日式冷やし中華
ミニ焼きおにぎり
b0332557_07085854.jpg
最後はお外ごはん
バミー・ヘーン / タイのドライヌードル

さて、昨日のつづきです。
b0332557_09334572.jpg
<http://www.latimes.com>

私がこの写真を見た瞬間、目が釘付けになったのは・・・

b0332557_09543682.jpg
<http://www.latimes.com>

ここ。猫さん。Cat。

私は微力ながら関わっている活動を通して、
悲惨な動物ばかりを見ているせいか、
現代社会を生きる動物たちのほとんどは不幸で、
幸せな動物が存在することが奇跡にさえ思えている。
そんな私がこの写真を見ると…

この仔は今ハッピーなのか?
そればかりが気になってしまう。
怖がってない?
彼女の飼い猫なの?
首輪が付いてないけど、もしも何かに驚いて、
彼女の手をすり抜けて、この喧騒の中に走り出してしまったら?
そもそもこの写真において猫の必要性はどこに有るの?
そんなこんな。
私の頭の中が一旦そうなってしまえば、
もう記事の内容に集中など出来なくなる。
どうでもいい。

だけど私が今日言いたいことは、動物愛護云々ではなくて、
「人は自分が見たいものだけを抜き取って見る」と言うこと。
この写真を見て、私みたいに猫の事ばかり考える女もいれば、
彼女と同世代の女の子はファッションに目が行くかもしれないし、
あるいは今ダイエットに夢中な人は、
彼女のスレンダーなプロポーションに注目するかも知れない。
つまり一旦手を離れた言葉や写真や、その他あらゆるインフォメーションは、
発信者の思惑はどうあれ、もうコントロール出来ない彼方に行ってしまう。
真意を伝えるのは本当に難しいし、
発信者の意図を正確に汲み取ることも難しい。
溢れる情報の中に、私はどれだけの真実を見ることが出来ているのだろう?

兎にも角にも・・・・
どうかこの仔が、今までも今もこれからも、
幸せでありますように072.gif

さ、11月。
気合入れて美味しいもの作ろ ^_^


※ LAタイムスの記事自体は私にとって一読に価するものでした。
衰退を辿る音楽産業界に彼女がどう挑み、勝ち続けているのか。
そんなことが書かれています。
業種問わず、現代のビジネス戦略に興味の有る方は読んでみてください。
こちらから
もしも…もしもこの記者が、
この記事の内容の方から私が読み取ったメッセージを伝えるために
敢えてこの猫の写真を使ったのだとすれば、凄い、凄過ぎる。
でもまさかね。

[PR]
b0332557_09334572.jpg
<http://www.latimes.com>

これ、ロサンゼルスタイムスの
一般芸能的セクションの一面に載っていた写真です。
このキュートなアメリカンガールは、ご存知Taylor Swift。
厳しい音楽業界でミリオンセラーを連発し続けている、
全米で大人気のシンガーですが。。。

あなた(誰?)は、記事の内容に関係なく、
この写真だけを見た時、
どの部分に着目し、どんな事を感じたり考えますか?

それでは日々の献立 番外編です。
b0332557_06591258.jpg
ジャガイモの四川炒め
厚揚げと結びシラタキの炊き合わせ
五目炒り豆
b0332557_07024258.jpg
トマトのバルサミコマリネ
b0332557_07005990.jpg
五目ちらし寿司弁当
ローストポークのチーズロール
鶏つくね
b0332557_07034545.jpg
蓮根の甘辛焼き
b0332557_07061517.jpg
ベーコン入りガーリックライス
b0332557_07100714.jpg
こちらははお外ごはん
タイ / 海老のスパイシーバジルチャーハン

冒頭の写真について、
私は今の時点では記事を読んでいません。
この写真だけを見て、私が何処に着目し、何を思ったか、
明日はそれを書いてみようと思いますのでヨロシク (^_−)−☆





[PR]
昨日からの続きです。

健やかな日々を送るために一番必要なものってなんだろう?
単に身体の健康だろうか?
身体が健康であれば、それに越したことはないけど、
身体が完璧に健康でなければ健やかな日々は送れないのだろうか?
いや、そうではないでしょ。

昨日のリサーチの元になったのは、
『子供の健全な成長に大切なのは、
手作り料理よりも、家庭で過ごす質の高い時間なのではないか?』
という仮説でした。
論点は質の高い暮らし=クオリティライフです。

それでは引き続き10月の献立番外編です。
b0332557_03535307.jpg
ねぎま風塩焼き鳥
鶏つくね
マカロニサラダ

b0332557_03545704.jpg
ネギを乗せ忘れたので、つくね再び
b0332557_03555245.jpg
豚そぼろ弁当
(青梗菜のナムル・炒り卵・塩枝豆・紅ショウガ)
マカロニサラダ

b0332557_03564590.jpg
イタリアンソーセージとピーマンのマサラワインソース
茹でブロッコリーのヨーグルト味噌ディップ
レッドグレープ
マスカットマト
b0332557_04544390.jpg
自家製生パン粉のヒレカツ
大根とワカメの味噌汁


アメリカでは良く耳にする言葉で、私も好きな言葉に、
『クオリティライフ』というのが有ります。
b0332557_05301951.jpg
例えば王様が病気や怪我をして動物病院に連れて行った時、
症状を最速で緩和させたければ、
絶対安静、お散歩禁止、絶食など厳しい規制が必要なわけだけれど、
そういうことを無条件で即座に指示するドクターはちょっとね。
緊急かつ命に直接関わる症状で無い限り、多少治りは遅くても、
クオリティライフを維持しながら治療する方が、
長期的には良い結果が出る。
あまり神経質にならず、遊びや散歩や食事を楽しみつつ、健康回復を目指す。
そんな考え方が私にはしっくり来ます。

食に話を戻します。

仕事に追われ、平日は猛烈に忙しいとある人の場合。。。
家族には健康的な食事をさせければ!
と強迫観念に駆られながら、鬼の形相でキッチンに立つ。
家族はテーブルに食事が並ぶまでの間、
その必死の姿を横目で眺めて過ごす。
ようやく食事の準備が出来上がった頃には、
大人は疲れ果て、笑顔も忘れがちで、
心は食後にエンドレスで続く家事の事を考えている。

一方、同じように平日は猛烈に忙しいもう一人は、
仕事帰りのデリで、出来るだけヘルシーなメニューを選んで、
テイクアウトして帰宅。
家族と今日一日の出来事を話しながら、
テーブルセッティングをして席に着く。
家族のために今日のメニューをどんな理由で選んだのか、
例えば今日は寒いから温かいスープを とか
明日はスポーツの試合の日だから元気の出るお肉を とか
そんなことを話題にしながら、ゆっくり食事を済ませる。
後片付けはお皿を数枚とフォーク程度。
洗濯機を回しながら、ひと時でも家族とくつろぎの時間が持てる。

どちらの環境に居るのが、健やかな毎日なのだろうか?
鬼気迫るストレスフルな雰囲気の中で手作りの食事をするのか、
皆んなでおしゃべりしながら和やかにデリのテイクアウトを食べるのか。
どちらの生活がクオリティライフなのだろうか?
このリサーチ結果は、栄養が満ち足りることと、
心が満ち足りることの意味を、
私に問いかけて来るのです。

私は手作り食の大切さを強く信じているけれど、
それだけでは無いことも忘れないでいようと思う。
直ぐに答えを出そうとするのではなく、
常に考え続けること、常に疑問を持ち続けること、
そういうことが必要なんだな。

女性の社会進出。
乗り越えなければならないハードルの一つに
意識改革というのが有る。
理想を追求するあまり、心が置いてきぼりになるのは悲しい。
本来人はゆっくりしか進めない、だけど必ず進める。
そんなこと。


[PR]
もう一月ぐらい前になるのだけれど、
毎朝見ているローカルのニュース番組で、
面白いリサーチ結果が発表されていた。

『子供達が健康的な毎日を送るためには、
母親(もしくはそれに準ずる役割の大人)が
食事を手作りするのが望ましいとされているが、
実は、子供が心身共に健全に成長するためには、
むしろ手作りでは無い方が良い場合が有る。』

あなた(誰?)はこれをどう解釈しますか?

それでは10月の献立番外編です。
b0332557_03492696.jpg
親子丼
トマトのマリネ
インゲンのおひたし
b0332557_03502413.jpg
桜海老のだし巻き
マスカットマト
b0332557_03511875.jpg
オクラおろし蕎麦
b0332557_03525740.jpg
キノコとベーコンの炒め物
桜海老とニラの薄焼き
冷やしトマト/シソの実塩漬け

リサーチのこと。
アメリカで言うところのリサーチ結果とは、
サンプルと呼ばれる無作為に選ばれた対象者、対象物に対して、
アンケートの実施、または一定期間の観察後、検証を行った結果です。
個人(例え専門家であっても)の評論とかオピニオンのように、
主観的で確固たる裏付けの無いものとは違っています。
これ以上専門的になると、面白くもなんとも無いので止めます。

そんなこんなで、最初に書いたリサーチについて頭から、
「ウソ!そんなわけ無いじゃん。
家庭で手作りした食事が良くない場合が有るなんて、
だからアメリカは不健康な国だって言われるのよ!」
と言うわけにはいかないのです。
このリサーチは私にとっては、
食を別の角度から深く考えさられたし、
ある意味納得の結果でした。

リサーチは、仮説を立てることから始まります。
では、私がテレビで見たリサーチは、
どのような仮説を元に行われた結果なのか?

子供の健全な発育にとって家庭料理が妨げになることが有るとすれば、
それはどんな場合なのか?

私はこのリサーチ結果に基づいて、
子育てと食の関係について考え、実践する立場には無いので、
「子供達の健康的な毎日」を「家族の健やかな毎日」
に置き換えて、食の意味を考えてみたので、
明日はその辺について書いてみようと思います。


[PR]
b0332557_07220914.jpg
Carne Asada (カーニアサダ)
注: メキシカンステーキ
冷やしトマト/シソの実塩漬け添え


b0332557_07230613.jpg
蟹肉とひき肉のベトナム揚げ春巻き
ねぎま風塩焼き鳥


b0332557_07241063.jpg
豚ひき肉のバジル炒め/目玉焼き乗っけ


b0332557_07251038.jpg
ルッコラとツナのワサビドレッシング サラダ


b0332557_07255685.jpg
タコス

10月になって、少しは秋らしくなるのかと期待していた
私はお馬鹿さん (−_−;)
また今日から週末に向かって、グングン気温は上昇し、
日曜日は35度越えの予想058.gif
秋の味覚とか無理、考えられない。

秋秋秋!と先走っても気温は夏。身体は夏にさらされる。
ファッションにしろ食べ物にしろ、他のなんでも、
気持ちが先走ると勇み足になって、
そうなると心は浮ついたままで、今を楽しむことが出来ない。
もうそんな風に はしゃいだ生き方をしない自分で居たいもんだ。
今を楽しむって結構難しい。

さ、10月。
美味しい毎日になりますように056.gif


[PR]

ボクは〜
b0332557_14232372.jpg
いそがしい〜
b0332557_14241768.jpg
いそがしいのよ〜
b0332557_14251666.jpg
ぶんかいちゅーなの〜
b0332557_14261070.jpg
しゅうりょ〜♪






それでは、9月の日々の献立 番外編第二部です。
b0332557_07143406.jpg
(友達が釣った)キハダマグロの塩焼き/焼きオクラ


b0332557_07153659.jpg
ポテトサラダ


b0332557_07164644.jpg
豚の味噌漬け/千切りレタスと共に
キュウリのベトナムハーブサラダ


b0332557_07183053.jpg
ブロッコリーとツナのフレンチサラダ
ニラと桜海老の薄焼き


b0332557_07210636.jpg
ナポリタンスパゲッティ
バルサミコサラダ



今朝。。。。
毎朝王様とお散歩する道すがら、一件のお宅の前を通りがかったら、
フワリと銀木犀の香りが053.gif
玄関脇に一本の銀木犀の木が植わっている、
それはそれは羨ましいおうち。
銀木犀は秋の花と言われているのに、
その木は毎年春と秋の二回、王様と私を楽しませてくれます。
あんな小さな白い可憐な花から、
これほどまでに芳醇でセクシーな香りが漂うなんて!
銀木犀も金木犀も、その花の香りで始めて存在を認識する木
と言われて居ますが、本当にその通り。
自然界からの秋のお便りを胸一杯に吸い込んで、
一日が始まりました。

番外編 第三部につづく ☆*:.o .。.:*☆


[PR]
9月も半ばになろうかという今日、
こちら地方には高温注意報が出ています。
b0332557_04211603.jpg
暑い、暑いんだよ〜 (>_<) by王様

小動物はクーラーの効いた部屋で寛ぎながら文句言ってます。
マジ、外は人体に危険が及ぶレベルの熱波。
局地的には40度オーバーの予定。
お年寄り、体の弱い人、子供、小動物は外出禁止とテレビは言ってます。
これがサザンカリフォルニアの普通の初秋ですな。
元々砂漠だしね、人間は無理やり住んでるわけだから。
こういう時はガラガラヘビがやって来るんだよ〜♪
あたしは、全速力で食料を調達し、
今週末は家を一歩も出ずに、プールに浮かんでいる予定です。
スイカも食べます。

それでは、9月の献立 番外編、中間記録です。

b0332557_03473153.jpg
ベトナム揚げ春巻 / たっぷりのハーブと一緒にレタスで巻いて

b0332557_03483249.jpg
スモークソーセージ、ニラ、卵の炒め合わせ
冷奴の辛味噌ダレ
マスカットマト

b0332557_03503375.jpg
ジャージャーサラダ麺

b0332557_03512551.jpg
ひよこ豆のカレー
ピタブレッド

b0332557_03494460.jpg
鳥の南蛮漬け
パッタイ

b0332557_03521433.jpg
小エビとキャベツの餃子
スティックサラダ / ヨーグルト味噌ディップ
マスカットマト

もうしばらくは、秋らしい食卓とか、
秋のファッションとか、
あり得ない。考えられない。
そんなところです。

では。

追伸
b0332557_04531825.jpg
にわかに外が黄色くなったので外に出て見たら、
この空です。
恐らく何処かで山火事が発生したのだと思います。
野生動物たちが心配です。


[PR]