2014年 11月 05日 ( 1 )

今日のランチ
b0332557_08313735.jpg

ジューシーハンバーグのキノコおろし醤油ソース
グリーンサラダ/生姜ドレッシング
青梗菜とワカメとすりゴマの味噌汁

以前、銀座の人気和食店の若旦那が、
大根を余すことなく使っお料理を創っておられた。
普通大根おろしは、多少水気を切ってあしらうものだけれど、
その絞ったおろし汁を、きちんと活かして料理を仕上げていらっしゃる姿に、
己を恥じた私。

生ゴミであれ、粗大ゴミであれ、不要になった衣類であれ、
ゴミの量は、自分の不始末若しくは浅はかさを測る目安になると思っている。
但し、私は環境を守る為にゴミを減らすべく頑張ったり、
質素倹約をモットーに生きる素敵なヒトではない。
自慢じゃないケド( ̄▽ ̄)
私の出すゴミは私自身の心のゴミだと、そう思うだけ。

大根のおろし汁がどれほど栄養豊富なものかは想像していたし、
それを捨てる度に、良いのかなあ?とは思っていたけれど、
どう使えば活かせるのか深く考えて来なかった。
天ぷらや 秋刀魚の塩焼きにビシャビシャの大根おろしは似合わない。
素材を活かし、美味しく使ってこそ料理だ。
それを機会に、大根のおろし汁をどう使うかを考え始めた。

大根の栄養素と調理法の関係について調べてみたら、
生で食べればビタミンCと消化酵素が豊富、
加熱すると抗酸化効果が高まるですと!
ブラボー大根071.gif
やっぱ全部食べなきゃ損だ。

今日は、そんな私のキノコおろし醤油ソースをご紹介。
私のジューシーハンバーグのレシピは既にご紹介済みなので、
焼くところからね。
b0332557_08322587.jpg
強火で両面をイイ感じに焼きます。
この時点で中はなま焼けです。それで良いの。
b0332557_08330441.jpg
ここにハンバーグの半分の高さまでの水を大胆に注ぎ込み、
蓋をして中火で蒸し焼きにします。
ジューシーな肉汁が流れ出てしまうので、串とか刺さないで!
水分が1/3ぐらいになれば、間違いなくハンバーグは完全に火が通っています。
ハンバーグを取り出し、
b0332557_08334914.jpg
キノコを加えます。
b0332557_08342627.jpg
ここで、大根のおろし汁の登場!
フライパンにおろし汁だけを注ぎ込み、
更に酒、醤油、すり下ろしたニンニクを加えて煮詰めます。
b0332557_08351104.jpg
そこにハンバーグを戻して、上下を一度返してしばらく煮ます。
b0332557_08354919.jpg
ハンバーグだけをまず器にに盛り付け、
火を止めてからバターを少量入れて混ぜていると、
ソースに艶とトロミが出てきます。
これでソースの完成。
b0332557_08552320.jpg

ハンバーグの上からキノコとともにソースをまわしかけ、
大根おろしをたっぷり添えて、完成です072.gif

大根は凄いね。濃厚なソースの中でもちゃんと存在を感じる。
小さな大根半分、余すことなく使い切りました ^_^

今自分の食べているものの正体は一体なんなのか?
体内でどんな仕事をしてくれるのか?
私はそういうことに自分でも呆れるほど興味がある。
どう考えてもこの情熱の源は、健康志向・ヘルシーライフでは無いし、
なんだろう?
大袈裟でなく、食材を知ることで生きることが楽しくなるんだなあ。
単純に くいしんぼう なだけかしらん?


[PR]