2014年 08月 29日 ( 1 )

ウィークデーの我が家は、
一番ボリュームのある食事がランチです。
好きなものを好きなように料理して、たっぷり頂きます。
夜は食事の時間が遅いので、軽く野菜料理が中心。
だからサラダのレパートリーが、結構あります。
簡単に出来て、ご馳走感もあるサラダを2種類ご紹介しますね。

まずはブロッコリーとツナ缶で作る暖かいサラダ。
これはバーテンダーが学生の頃から通っていた、
LAのイタリアンレストランのシンプルなブロッコリーサラダに、
私が少し手を加えて出来上がったレシピです。
b0332557_07341193.jpg
オリーブオイル、ニンニク、レモン、ツナ缶、
お好みでアンチョビ。

少し柔らかめにブロッコリーを茹でたら、
ザルに上げてお湯を切り、
熱いうちに、おろしニンニク、レモン果汁、塩コショウ、
ツナ缶、アンチョビを和えるだけ。
b0332557_07330021.jpg
ブロッコリーとツナのガーリックレモンサラダ

いくらでもブロッコリーが食べられるサラダです。
ペンネ等、ショートパスタをブロッコリーと一緒に茹でて加えてもGood。

次はさつま揚げを使ったタイ風サラダ。
タイのレストランでさつま揚げをオーダーすると野菜と一緒に出てきます。
さつま揚げ 8 : 野菜 2 の割合。
タイのさつま揚げはスパイシーで刺激的。
塩分も結構有るので、いつももっと野菜が欲しいな〜と思ってて…
野菜とさつま揚げの比率を8 : 2 と逆にして、
最初から混ぜて作ったら美味しかった!
私はこのタイさつま揚げを手軽に買えますが、
日本のさつま揚げで十分美味しく出来ます。

さつま揚げをフライパンかオーブントースターでさっと焼き、
レタス、レッドオニオン、きゅうり、トマト等お好みの野菜と一緒に、
ハチミツ、ナンプラー、ライム又はレモン果汁、
チリペーストで作ったドレッシングで和えるだけ。
仕上げにピーナッツをぱらぱらと。
ピーナッツはナイアシンが豊富に含まれていますが、
これはアルコールの分解を助けてくれる成分。
お酒と合わせるサラダとしても優秀です。
飾りじゃないのよピーナッツ〜♪

さつま揚げは、焼きたてを使い、
野菜が生温くならないうちにさっさと頂くのですゾ。
b0332557_07351938.jpg
さつま揚げのタイ風サラダ

サラダだけの食事でも、栄養が偏らないのが嬉しい、
ご馳走サラダ2種でした。

[PR]