2014年 08月 27日 ( 1 )

缶詰は、私の大親友。
パントリーにストックしておけば、
買い物に行かれない時も、大急ぎでご飯にしたい時も、
もう一品何か欲しいな〜なんて時も、
何とかなるなる!
子供の頃、帆立缶とか蟹缶とか、
お歳暮の時ぐらいしか見ることもなかった私の憧れ065.gif
ああいうのは、いつ開けたら良いんだか、
どうやって食べたら良いんだか分からなかった。
なんなら みつ豆缶の方が……( ̄▽ ̄)

蟹缶にも色々有るよね。
そのまま酢の物に使えるような、
身のしっかりした豪華で高価なセレブ蟹缶も。
今日使うのはそういうのじゃなくて、
そのままでは食べる方法も見つからないような、
身がパラパラな、お手軽価格の蟹缶です。
b0332557_07223509.jpg
材料は庶民の蟹缶、タケノコ、にら。
蟹缶の水気は切るんだけど捨てないで、小鍋にとっておきます。
卵に、酒少々、塩コショウ、カニ、刻んだニラを加えて、
フライパンに流し入れます。
b0332557_07240322.jpg
こうなるでしょ?
下が焼けたら、これを一気に裏返したいんだけれども、
私は陳さんじゃないので、裏ワザを使います。
このまま一旦お皿に滑らせるように取り出して、
そのお皿にフライパンをかぶせてひっくり返すと…
b0332557_07245332.jpg
ホレ、この通り。
こういう場面は様々な料理で有るので、
手持ちのフライパンにピッタリ合う大きさのお皿を、
見繕っておきます。
普通天津丼は、親子丼のように一人分ずつ作るけど、
私のはトロトロのタイプじゃないので、
一度に作ってしまいます。
b0332557_07261046.jpg
それをこんな風にケーキみたいにカットして、
丼に盛り付けたご飯に、少しずつ重ねるように綺麗に並べて行くと、
写真右側のように仕上がります。
先程別にしておいた蟹缶の汁に、トマトペースト、ケチャップ、
塩コショウ、醤油、酒、酢を加え、
沸騰させて片栗粉でとろみを付けたソースを作ります。
b0332557_07270690.jpg
カニにら玉丼

ソースをたっぷりかけて、青ネギを散らしたら、
ハイ、出来上がり〜♪
こういうしっかり味の丼ものには、
ごま油と塩だけで和えたさっぱりサラダがよく合います。



[PR]