2014年 08月 21日 ( 1 )


Make a long story short.
この間LAを運転中、浮輪が欲しくなった私。
使えれば、どんな浮輪でも構わなかったので、
近くのドラッグストアに寄ったときのこと。
LAはもう既にどんなお店でも、基本的に買い物した商品を
無条件で袋に入れてくれるわけではない!
のに……
浮輪だけ買えば良いものを、
お店に入った途端、頭の中にショッピングリストが浮かんで来て。。。
歯磨き粉、綿棒、台所洗剤、アルミホイルを買ってしまった。
「袋は要りますか?」という質問を「あんた、まさか袋は要らないわよねー!」
と解釈したくなる口調で言われると、
「要りませんとも、モチのロン。」と応えるわけで。
それらをむき出しで抱えて、
更にクラッチバッグも抱えて歩くっていうのは、
ファッション的にどうなの?

ということで、食料品など買う気満々でお店に入る時は、
意気揚々と保温性の大きなエコバッグを幾つも持って行くけれど、
必要最低限のものしか入らないクラッチで外出中、
突然歯磨き粉や綿棒が買いたくなった時用の、
コンパクトでクラッチバッグに余裕で収まり、
広げて使った時、コーディネートを台無しにしない
エコバッグの必要性が、にわかに大きくなったので、
探したのが……
b0332557_03512442.jpg
写真手前のこちら。後ろは愛用のクラッチバッグ。
b0332557_03531876.jpg
広げたところ。
つまるところ、内ポケットのついたトート型のナイロンバッグ。
その内ポケットに本体をたたんで収納出来ます。
b0332557_03521411.jpg
エコバッグ in クラッチ。
存在感は全くなし。
厚みも重さも入っているのは感じません。
b0332557_03560216.jpg
写真右側と同じクッションが一つ入った状態。
一番大きく使った場合がこうなります。
そんなに入れるわけ無いけど、て言うか入っても持てないけど、
50kgまで耐久性があるんだってさ。
ナイロン製品全部が防水と言うわけじゃ無いけど、
これは被れば傘になるレベルの防水性有り。

でも、私がこのエコバッグを採用したのは、
そういう機能面だけでは終わらないところ。
b0332557_03574643.jpg
両脇のスナップを止めると、底にマチが出来てコロンとした形になるんです。
b0332557_04001408.jpg
持つとこんな感じ。
バッグの上は細いリボンで結んで閉める仕組み。
エコバッグにしたら上出来だー!と、ご機嫌な私。
b0332557_03591213.jpg
"エコバッグにも絶対似合う似合わないがある!"と主張するアタシ


これ、すごーく気に入って、
全てのクラッチに一つずつ入れておきたいんだけれど、
これは黒のクラッチにコーディネートするとして、
他には気に入った柄が無い。
シルバーとゴールドがあったら、絶対買うのに。
エコバッグって、どうしてプリントモノばかりなんだろう?
エコバッグとクラッチだって、コーディネートする必要、
あるよね?ね?

私はそういうことが、凄く凄く気になる。
大好きなクラッチに、どうでも良いエコバックが入っていると思うだけで、
テンション下がる。

b0332557_04004580.jpg
テンション下がらないためにエコバッグをネットで探すあたい

ね、私このモノトーンのパターンが好きなのです053.gif
水面の光の反射?お掘りの石積み?キリン?的な。
これは麻の大判ストール。
どうせ大判を買うなら、このぐらい、
自分がすっぽり包めるぐらい巨大なものが好きです。

巨大ストールって本当にエコだと思うな。
着こなしのアクセントなんてお茶の子さいさい、
すっぽり頭から被っちゃえば、瞑想に最適?だし、
誰にも顔を見られずどこでも爆睡できるし、
防寒にもなるし、風呂敷にもなる。

いつも旅行には絶対忘れず持って行きます。
肌の露出度を最低限にするべき場所が、
世界には沢山在るものね。
自分を包める大きさが必要なのはそんな時。

余談だけど…
旅先で自分を解放するのは最高な気分だけど、
方法を間違えると、図らずもトラブルを引き寄せることがある。
ファッションがそのまま自分のidentificationになるのが旅。
最近は特に、色々な緊張が高まっている上に、
どの国も民族が入り乱れて暮らしているから、
観光客とローカルの見分けがつき難いのも理由だと思う。
民族的、宗教的、個人的価値観、主義主張、誇りみたいな部分に、
砂をかけるようなことは危険だよ。
知らなかったでは済まされないことが起こってからじゃ遅い。
LAでさえ、危ねーなーと思う日本人観光客を時々見かけるもん。
楽しく安全に旅したいね。

そしてもう一つ、
私の大好きなストールの使い方。
b0332557_04012106.jpg
ロングスカート(サロン)

水着の上のサロンから、夜のドレスアップまで対応。
大きく広げたものを腰でギュッと結んだだけ。
麻ならではの張りがかっこいい。
仕立てのスカートでは出ないドレープと、
最高のリラックス感。

私はスカートを1枚買うなら、
そのお金で大判ストールを買うほうが良いな。

エコバッグとエコなストールのお話しでした。






[PR]