2014年 08月 12日 ( 1 )

暑さを乗り切るおすすめ夏レシピ&夏の味!

もしも、明日突然10人程の人を家に招待することになったら。。。。
そんなことが結構あるんです、私。
実は昨日も、明日良い?と聞かれたのだ。
OK, OK.
そういう時はガーデンパーティー。
カジュアルでストレスフリーなおもてなし。

経験上、結構ズル?出来ちゃうレシピを持ってます。
一番近くのマーケット一軒だけで全部の食材が揃って、
作るのが簡単で、
どんな飲み物にもそれなりに合って、
見栄えがオシャレで、ズルがバレない。
そんな反則サンドイッチをメインメニューに決めました。

今日は写真多いです。

まずはお買い物。
b0332557_08511066.jpg
Pain rustique bread(全粒粉の平たくて硬いパン)
今日は全粒粉ですが、ライ麦パンを使うこともあります。
その他に買ったものは、
b0332557_08514904.jpg
ローストしたパプリカのマリネ、
アーティチョークのオリーブオイルマリネ、
タプナード(オリーブを細かく刻んだペースト)、
山羊チーズ。
メンバーの中に肉類を食べない人が何人かいるので、
今回の具材はこんな感じで。

山羊チーズは召し上がったことがありますか?
なんかクセがありそうな予感かもしれませんが、ブブー、ハズレ。
プレーンヨーグルトに塩を加えた感じ。
アッサリです。
b0332557_08523871.jpg
まずは、パンの厚みを半分に切って、上下ともに中身をくり抜きます。
写真右側がくり抜いた中身。
このサンドイッチは具材がいっぱいに入るので、結構スペースが必要です。
もちろん中身は冷凍保存して、生パン粉にするのです。
b0332557_08532706.jpg
ここからは、ただひたすら材料を重ねて行くだけ。
まずは山羊チーズを底辺に詰め込む。
b0332557_08541222.jpg
次にパプリカのマリネ。
b0332557_08550457.jpg
アーティチョーク

具材の水分の切り過ぎはダメダメ。
缶詰や瓶詰めは、そのマリネ液を活かして使った方が美味しい物が沢山有ります。
野菜のマリネだけではなくて、
アサリの水煮とかサバやイワシの缶詰とか色々。
缶詰や瓶詰は、保存食的なイメージが強いし、
フレッシュなものを使えない時の代用品だと思っている人も居るけど、
そんなこと無いよねー。

実際スペインには、缶詰にちょっとだけ手を加えて美味しいタパスにして、
お酒を飲ませてくれる缶詰専門BARが何件も有るものね。
そういうBARは上等な缶詰を使うから、結構値段も高いんだよね。
念のため、私のサンドイッチは違うよ。
サンドイッチひとつ分で日本円にしてトータル1500円位。

元々が料理のソースやスープ等を吸い取らせながら頂く、
卵やバター不使用の硬くて素朴なパンは、
今回の様にマリネ液の旨味を味わうサンドイッチに最適です。
b0332557_08562995.jpg
最後にタプナード。
で、パンの上側を被せてフタをします。
b0332557_08554637.jpg
かなりズッシリと重いです。
全部重ねたら、ラップでぐるぐる巻き。
後は冷蔵庫で明日まで保存。
できれば均等に重石をします。
私はパンと同じ大きさのタッパーに水を入れたものを使用。

このサンドイッチに明日の朝までに何が起こるかと言うと、
重ねたそれぞれの具材の味が良い感じに馴染んで、
更にそれぞれのマリネ液が徐々にパンに吸い取られ、
硬かったパンがしっとりして、
ナニコレ!に変身します。

調理時間は買い物込みで1時間。
これでメインの仕込みは終わっちゃうわけだから、
申し訳ない程簡単です。

さて、ガーデンパーティー当日。
b0332557_08573049.jpg
あっちにも
b0332557_08582007.jpg
こっちにも
水着のままでも気軽に腰掛けて寛いでもらえる椅子やテーブルをセットして、
b0332557_08591098.jpg
後片付けの簡単な、使い捨てのプレートやカトラリーに、
持ち歩きがしやすいプラスチックの大皿をソーサーにしてあります。
カクテルナプキンを折ってフォークをドレスアップ。
今日のパーティーのテーマカラー、ゴールド&ブラウンに、
流行の予感、ボルドーをランの花で添えてみたり。
ファッションピープルの集まりなので、一工夫。
こんな事でも、気分は上がるもんです。

さて、サンドイッチを切ってみますね。
b0332557_08595322.jpg
こんな感じに出来上がってます。大成功です!
b0332557_09004573.jpg
反則サンドイッチ

これを、こんな風にケーキ用の蓋付きコンポートに盛りつけると、
虫やホコリよけにもなるし、乾かないし、何となく特別感も出せちゃう。
b0332557_09021350.jpg
甘くて美味しいマンゴーとチェリーをリフレッシュメントにするので・・・
b0332557_09013520.jpg
パイレックスのガラスのパイ皿に1センチ程水を入れて凍らせておいて、
その上に滑り止め用のシートを敷き、
b0332557_09030229.jpg
その上に蓋付きのガラスのキャセロールに盛りつけたフルーツを乗せました。
こうすると、しばらく外に置いても、冷え冷えの状態がキープ出来ます。
デザートは・・・
b0332557_09063932.jpg
ミルキーストロベリーアイスクリーム

これは今日初めて作って、大大大好評でした。
作り方は凄〜く簡単。
凍らせておいたイチゴをフードクロセッサーで粉砕。
プラスチックのカップに市販のアイスクリームを盛りつけて、
砕いたイチゴをたっぷり乗せて、その上から練乳をトッピング。
昨日ふと、この間香港で食べた、かき氷にシロップをかけるのではなく、
マンゴーそのものを削って練乳をかけるスタイルの、
かき氷風のマンゴーデザートを思い出して、
それをイチゴでやってみました。

ちょっとしたアイスクリームスタンドを出店風にセットして、
食べたい人に食べたい時に、作り立てをサーブ。
作る人も食べる人も見ている人も楽しめる一工夫です。

この他に、もう少し食べ物は出ていましたが、
それはゲストの手土産であったり、デリで調達した前菜類だったり、
新しいフレーバーのポテトチップスだったり、
どれも全く手を加える必要の無いものばかりでした。

最近の私は、翌日寝込んでしまう程頑張ってお料理を並べるよりも、
こんな気軽なパーティーを楽しんでいます。
突然の機会にも、ドアは閉めたくない気分。
ゲストが帰る際、一人一人に笑顔で、
あなたが来てくれてとても嬉しかったと心から伝えて、
私のパーティーは終わります。



[PR]