2014年 08月 02日 ( 1 )


b0332557_04480617.jpg
私がお気に入りのTシャツをみつけたことは、
この間お話ししたんだけど、
それまでシャツが私のTシャツ代わりでした。
勤続10年、スーツ着用必須のサラリーマンの皆々様と、
同じぐらいの回数シャツを着て来たと思います。
シャツはそんな私にとって、
気持ちがキリッと引き締まるものでもなければ、
ここ一番の勝負服でもなく、
時に部屋着であり、作業着であり、ジャケットであり、カーディガン。

シャツの魅力は色んなところで色んな人が語っておられるのを見ても、
ファッション雑誌で定期的に特集されているのを見ても、
シンプルでベーシックなものでありながら、
多くの人を惹きつける魅力が有るのだと思います。
b0332557_04471331.jpg
これは私のシャツ。
麻素材のものばかり並べてみました。
濃い色はどんなに気をつけても、時とともに色褪せるので、
同じものを2〜3枚持っているものも合わせて、
合計枚数はこの写真の倍ぐらい。

私にとってシャツと言えば麻。手持ちの枚数も格段に多いです。
サザンカリフォルニアの気候だからというのも影響し、
一年中着ています。

着れば着るほど肌に馴染み、
洗えば洗うほど風合いを増して行く、
長く付き合うにはもってこいの素材だと思っています。

最近私が好んで麻のシャツと合わせているのがバギーデニム。
b0332557_03533216.jpg
バギーデニム by ELLE

これは10年もの。
買った時には全く洗いの掛かっていない濃紺だったけど、
履いて履いて、洗って洗っていたら、こんな色になりました。
私のバギー的好みはウエストからヒップがピッタリで、
履き込みが浅く、そこからは容赦なく広がっているシルエット。
10年履いて来た中で、3回丈を変えています。
今は裸足で履いて、ちょっとだけ裾が床に着く長さ。
デニムのゴワゴワももすっかり大人しくなって、
歩くとバサバサじゃなくてフワッと。
暑い季節に手が伸びる一本です。
b0332557_04484084.jpg
王様と私。

今日はiPadのカバーを外せた点が、
この間の記事での自撮り比べると格段の進歩です。
旅行に出ても、他に撮りたい被写体が有り過ぎて(食べ物とか、道で会った犬とか)
自分の写真なんて一枚も撮らない私。
記録としても、表現としても、自撮りが面白くなったので、
興味が続くあいだは、時々載せて行こうと思います。






[PR]