2014年 07月 18日 ( 1 )

ターコイズのアクセサリーは、
昔々、私がサーファーガールだった頃から好きでした。
その頃私のターコイズアクセサリーのイメージは、
ネイティブアメリカン、シルバー、デニム、
そしてもちろん大好きな海。
イメージというのは勝手なもんだ。
ネイティブアメリカンと海はほとんど関係ないのにね。

ファッションとの関係も有って、
しばらくシルバーの細工にターコイズが施されたアクセサリーとは、
距離が出来ていたんだけれど、
3年ぐらい前に、南に向かう飛行機の中で見かけた女性が、
ターコイズ&シルバー&デニムのイメージを払拭してくれました。
その女性は、ゆったりとしたコットンボイルの黒いワンピースに、
大きめのターコイズが一つついたシンプルなネックレスを着けていました。
どちらかと言えばモードなファッションに、ターコイズ!
素敵でした。本当に。
正直、細かいデザインは思い出せないけれど、
私のターコイズアクセサリーに対するイメージは変わりました。

その日から、もう一度ターコイズを身につけてみようと
あれこれ考え始めました。
機内で見た女性と似たものが欲しいというのでなく、
今の私が使いこなせるデザインを考えました。
メタルはゴールドがいい!
ただの感覚的な思いですが、そう決めて選んだのがこちら。
b0332557_05550519.jpg
写真の上からブレスレット、フープピアス、ネックレス
それぞれ別の人ですが、どれもアメリカ人アーティストの作品です。
店舗も持たず、一人で作って一人で売る。
そんな、私と同じアーティスト達の、
作品への思いや色々が伝わって、
見ていると…何だろう?
心が熱くなります。

ブレスレットは普段家では着けませんが、
ピアスとネックレスは季節関係なく週に最低3日は着けているかな。
もう2年半ほど経ちますが、
飽きることなく愛しています❤️
b0332557_05541733.jpg
着けるとこんな感じ。
今日は麻のシャツ&ホワイトデニムに合わせています。
ネックレスはゴールドバーネックレスと重ね付けすることを考えて、
チェーンの長さをオーダーしました。
極細のゴールドチェーンと小さめだけど深みのあるブルー。
ピアスは、ハンマーで叩いて質感を出したフープに、
質の高いNevadaターコイズがワイヤリングで止めてあります。
派手な細工のない、ミニマルなデザインを選べば、
何点か一度に着けても、しつこくならない気がします
……けど、どう?

ネイティブアメリカンの文化では、
ターコイズは旅の危険や邪気から身を守ってくれるそう。
そしてフレンドシップの象徴とも言われます。
私にとっては大切な友達とイメージが重なる、
特別な石なのです。

大好きなもの、ひと。
いつまでも大切にしたいな。





[PR]