麻婆ナスと青梗菜のナムル & チョットだけ盲導犬のこと

今日のランチ
b0332557_13215141.jpg
麻婆ナス
青梗菜のナムル
ニラとワカメのスープ

ナスは数有る野菜の中でも大好きな野菜の一つです。
和でよし、中華でよし、イタリアンでよし、
中近東の料理やギリシア料理にも頻繁に使われるよね。
私は今日は中華で。
b0332557_13223638.jpg
調味料は、鶏がらスープ、、紹興酒、甜麺醤、豆板醤、
醤油をミックスした調味液。
スパイスは花椒、五香粉を使います。
b0332557_13231473.jpg
私のナス料理には欠かせない、塩水に浸ける→
水を切る→油を全体にまぶす処理をしたナスを、
少量のごま油で蓋をして焼きます。
b0332557_13235395.jpg
こんな感じで所々焦げ目が付いたら取り出します。
b0332557_13243354.jpg
同じフライパンで豚ひき肉を炒め、大方色が変わったら、
生姜とニンニクのみじん切りを加えて更に炒めます。
ニンニクと生姜ね、通常最初に入れて香りを立ててから使うのが一般的だけど、
特にニンニクはきつね色になるまで加熱すると、
風味が変わるんだよね。
だから私はどういう風味が欲しいのかで、
先に入れたり後から入れたりしてます。
b0332557_13251518.jpg
ここに調味液を流し込みます。
私は自分で作るなら、麻婆ナスにしろ麻婆豆腐にしろ、
多めのスープに片栗粉でトロミを付けるタイプより、
炒め合わせた感じが好きなので、水分が少ないです。
滑らかなトロリとした部分が欲しければ、スープの分量多めで。
b0332557_13255915.jpg
ここでナスを戻します。
大きく混ぜながら、ナスが再び温まったら出来上がり。
b0332557_13273869.jpg
器に盛り付けて、青ネギを散らします。

こういう時、夏場なら生野菜も良いんだけど、
身体を冷やすんだよね、生野菜。
なので今日は茹でた青梗菜を使ってナムルにします。
b0332557_13292842.jpg
サッと茹でた青梗菜のお湯を切って、
茹でていた鍋に戻したら、
オイスターソース、ごま油、黒胡椒、白ごまで合えるだけ。
b0332557_13285065.jpg
青梗菜も鍋もまだ熱いうちに和えて2〜3分置くと、味が馴染みます。
麻婆ナスの味が濃いので、極力薄味で良いです。

お料理で、油の摂取に注意することも大切だけれど、
私はどちらかというと塩分過多のほうがが怖いかな。
無意識にとってしまう危険は油より塩分の方が大きい気がして。
サラダ等は、食べる時にドレッシングをかけるのではなく、
前もって和えるようにしたり、
お浸し類も、直接醤油をかけるのでは無く、
薄めのだし醬油に浸して、正統派お浸しでいただくようにしています。

少しの工夫の積み重ねで、無理せずセーブを心がけてます。
エネルギーも塩分も。




b0332557_03410940.jpg
< 追伸 >
お料理とは関係ない話なんだけど。。。
少し前に盲導犬がフォークで刺される?という事件が報道されたよね。
そのニュースを知った夜、私は一晩眠れないほどショックだった。
犯人が捕まったという続報も聞かないし、どうなったのかと思っていたら、
実は刺されたのでは無く、皮膚病だった可能性が高いのでは?
というニュースが!
真実は判らないけれど、そうで有って欲しいと思う。

もしも刺されていたのでは無く、皮膚病だったと言うのが真相なら、
先ずは盲導犬に酷いことをした人が実在しなかったことが嬉しい。
そして盲導犬が刺されたことを、沢山の方々が問題視し、
沢山の警察の方々が本気で捜査してくれたことが嬉しい。
捜査って言うのは犯人を捕まえることだけじゃ無くて、
悪人がいないことを証明すると言う重要な役割も有るんだよ。
最高じゃん、日本!

そしてもう一つ。
悪人が実在しないなら大変結構だけれど、
刺されたか!と思うほどの皮膚病だったのなら、やはり心が痛む。
犬の健康状態をチェックするのに、目視確認は外せない。
盲導犬の飼い主さんは、目で愛犬の健康状態を確認できないのだから、
目の見える人がその部分を補なわないと、飼い主さんも犬も可哀想だ。
盲導犬は目のご不自由な方だけのために働いてくれてるんじゃ無い。
例えば盲導犬は、杖に比べて遠くからでも後方からでもよく見える。
だから私も盲導犬を確認次第、
車や徒歩でのでの側方通過に細心の注意を払える。
目の見えている私こそ、それに甘えて細かい見落としだらけだ。
だから盲導犬は、私のためにも働いてくれていることになる。
盲導犬は社会を守ってくれている宝物なんだね。
これからは健康チェックと言う観点からも、盲導犬を見守ろうと思う。

今後この事件の真相が明らかになるのかどうかは分からないけれど、
少なくとも私はこの一件でいろんなことを考え、学ぶことが出来た。
改めて盲導犬に心から感謝しなきゃね。
いつもありがとう053.gif




[PR]