塗り盆を使って!盛り込み弁当 〜忙しい季節に〜

日が暮れるのがすっかり早くなって、
夕方王様と外に出ると、
辺りは暖炉の煙突から立ち上る薪の燃える香りに包まれています。
もうそんな季節です。
これから何かと気ぜわしくなりますね。

今日は忙しい時期の来客にも、おうちご飯にも重宝して居る、
ちょっと目先の変わった盛り込み弁当をご紹介します。
今日のランチです。
b0332557_10575131.jpg
これは朱塗りの大きなお盆に盛り込んだお弁当のおかず。
盛り込んだおかずは、上から

蟹と豚ひき肉のベトナム春巻き
麻婆ナス
ブロッコリーの辛子味噌
豚の味噌漬け
卵焼き
大根のきんぴら
蒸かしさつまいも
ぶどう

何のことは無い、至って普通のお弁当のおかずです。
お弁当のおかずの良いところは、
前もって全部準備しておけること、
有る程度冷めても美味しいこと、
少量ずつでも色々頂けるので、満足感が高いこと、
味付けが濃いめなので、酒の肴にもなること、
水分が無いので盛り付けがし易いこと、
色々あります。

これらを大きなお盆にまとめて盛り込むことで華やかになって、
お弁当箱でのおもてなしは流石に気が引けるような、
普通のおかずが特別になっちゃう。
冷蔵庫に少しずつ残ったお惣菜が新たに輝く072.gif
私は週に一度だけですが、お弁当を作り慣れて居る方なら尚更、
アイディアは無限大だと思います。

時間差で何人かの来客が有ったり、
お酒を飲む人、ご飯を食べたい人、それぞれが同じものを食べられます。
その上洗い物がとっても少なくて済みます。
お醤油やタレなどを別添えする必要も有りませんから、別皿も不要。
それぞれのおかずに前もってソースやタレは仕込まれていますから。
良いことづくめでしょ? ^_^

盛り込む時に私が考えるのは、食べ易さと清潔感。
隣り合ったおかず同士の味が混ざってしまわないことも大切。
それ以外は自由! フリーダム!
箱に詰めるという制約が無いので、
高く盛って立体感を出したり、庭の植物をあしらったり、
心の赴くままに、クリエイティブに楽しく盛り込みます♪
私はお正月のおせち料理も、重箱に詰めるのは元旦の朝だけで、
その後の来客には、
これよりもっともっと大きな塗り盆に盛り込むことが多いです。

b0332557_10583816.jpg
ゆかりご飯とお味噌汁を添えて♪

盛り込みのデザインは、慣れが肝心。
迷っていじり過ぎると収拾がつかなくなります。
あくまでもインスピレーションに任せて楽しみます。
かく言う私も、今日のデザインに満足してないです(^^;;
夏の間ご無沙汰だったので、今日のランチは思い立って
残り物に少し新しく作り足して、練習することにしました。
これからこんなおもてなしが多くなりますので、
何度か練習して感覚を取り戻したいと思っています。

ステキなのが出来たら
見せてね(^_−)−☆



[PR]