サンドイッチはスパッと切りたい!

日本でサンドイッチと言えば、
薄くて柔らかい食パンに、具材を薄く挟んで、
耳を落として、綺麗に切って、切り口を上に向けて、
お行儀良く並べて、出来上がり。
あーラブリー053.gif

対してアメリカのサンドイッチは違う。
一度に沢山の具材を手で持って食べるために挟む。
溢れんばかりに詰め込む詰め込む!
あーワイルド017.gif

私はどちらも好きだけど、
自分で作ってランチに持っていくのは日本のタイプです。
サンドイッチの仕上がりの美しさは、切り口で決まるよね。
スパッと綺麗に切れた切り口は、
清潔感が有って、洗練されて見える。
だけど綺麗に切るのって結構難しくない?
しっかり抑えないと具がズレて上手に切れないし、
かと言って強く抑えすぎるとパンに指の後がついちゃう。
私はこうします ^_^

b0332557_05274539.jpg
この日のサンドイッチは、
以前ご紹介済みのトーストしたパンで作る揚げないコロッケサンドと、
焼かないパンで作るキュウリ、薄焼き卵、ハムのサンドイッチ。
b0332557_05300959.jpg
出来上がったら、それぞれをワックスペーパーでしっかり包みます。
b0332557_05283436.jpg
それをパン切り包丁でペーパーごと切ると、
トーストしたパンが粉々に割れることも、
b0332557_05291387.jpg
柔らかいパンに指の後が付くことも無く、
もちろんどちらも具材がズレることも無く、
スパッと切れちゃう \(^o^)/
コツは下側のペーパーは切らずに つなげたままにしておくこと。
その方が崩れにくいです。

ワックスペーパーのお利口なところは保湿力。
ラップで包まなくても水分も油分も外に出てしまいません。
だから・・・・・
b0332557_05305666.jpg
そのまま保温バッグに入れてGO041.gif
これだと食べる時にもバラバラにならず、綺麗に食べられますよ♪




[PR]