レース素材のボンバージャケット 〜新しい靴を初めて履く時〜

b0332557_11531431.jpg
コレは新しいお靴でしょ?
だって変な匂いがするもん by王様

王様は新しい靴とレザー用の防水スプレーの匂いが大嫌い。
だったら来なければ良いのに、
わざわざ近寄って来て文句を言うんだよねー。
どうやって文句を言うかというと、
散々スンスンした後見上げる、そしてまたスンスン。
これを繰り返す ( ̄▽ ̄)

そんな事はどうでも良くて。。。
新しい靴を履く時、どんなお洋服とコーディネートするかで、
その靴の未来が決まる様な気がして、
チョット緊張するし、履く日もなんとなく選ぶ。
b0332557_11514079.jpg
そう、今日はこの間ご紹介したモノトーンのSlip-onの初下ろし。
この靴は一言で表現するなら強さのある靴だと思う。
モノトーンと言うのはシャープそうでいて、
おかしな使い方をすると、何だかコミカルになったり、
意外と子供っぽくなったりする。
私はサラッと履きたい。
モードでもなくクラシックでもなく、出来ればマニッシュ過ぎず。

そう考えて今日の初下ろしの相棒に選んだのが、
b0332557_11522588.jpg
レース素材のボンバージャケット。
色は限りなく黒に近いティール・グレイ

b0332557_11503477.jpg
ネイビーのTシャツにネイビーのチノ。
スネークレザーの白に近いグレーのベルトで、
足元のパキッとした白から少しだけ視線を逸らしてみたり。
そしてレース素材のボンバージャケットを羽織るのだ〜 ^_^

元々ボンバージャケットは私の得意アイテムだけれど、
特にこのレース素材は本当に使える。
ジャケットのシルエットは、とてもスポーティなんだけど、
素材がレースだと、実に多彩な着こなしが楽しめるのですよ。

例えば下にダブルカフスの白いシャツを着て、
ジッパーを上まできっちり上げ、
白襟をジャケットのリブ襟に被せ、
カフスを折り返してジャケットの袖口のリブを隠すと、
意外と端正なよそ行き顏になるんです。
前立てのリブを隠すのにグログランのリボンを結ぶこともあります。
それをタキシードパンツやタフタのスカートと合わせると、
ハンサムエレガントな よそ行きになっちゃう。

ほとんど着ていないのと同じ薄さなので、
防寒にはならないけれど、
真夏はノースリーブに羽織って日除けや冷房対策に重宝するし、
冬は下に着るものによってブラウスになったりジャケットになったり。
薄手だから上からコートを着ても、全くもたつかない。
とにかく一年中大活躍で、旅行も必ず一緒。
私の大親友的存在なんです。
なので、チョット手強い靴の初下ろしに登場してもらっちゃった。
b0332557_09472893.jpg

こんなコーディネートの時には、
作り込んだ巻き髪や、ビシッと束ねたまとめ髪よりも、
無造作なダウンヘアが気分です。
リップもグロスだけでヌーディーに仕上げます。
あっさりと清潔に。
それがインパクトのあるアイテムを嫌味なく着るための、
俺のルール。


アクセサリーは、シルバーで。
プラチナ&ダイヤの王道ジュエリーに、
カジュアルなシルバーのバーネックレスを重ね付け。
ピアスはダイヤのキーチャームをチョイス。
b0332557_11542988.jpg
私的にはコンパクトにスッキリまとまりました。
よかった \(^o^)/
親友ボンバーのお陰で、この靴と仲良くやって行かれそうです。

ちなみに・・・
b0332557_03521411.jpg
写真が使い回しなので変な角度だけど、
バッグはこのクラッチで。

[PR]