手羽元のハーブ醤油グリル 〜簡単手軽なパーティ料理♪〜

さてさて、今年もやって来ました!パーティの季節\(^o^)/
まもなく始まるホリデーシーズンはパーティラッシュ。
大切な人、好きな人をお食事に招くのは楽しいよね。
お料理にもテーブルセッティングにも気合が入るし。
ただやっぱり時間も気力も体力も必要。
その上、ホリデーシーズンみたいにパーティが重なったり、
一度にお招きする人数が多かったりすると、
私にはもう一つ考えなくちゃならないことが。。。。
それは予算065.gif

アメリカに来た当初、早く周りに馴染みたい気持ちも有り張り切り過ぎちゃって、
一度のパーティに、余裕で二週間分の食費を使ってしまうような、
しかも翌日は疲労で寝込んじゃうみたいな、
呆れて馬鹿げたおもてなしからスタートした私も、
経験を通して色々学んで、
招く人、招かれる人のどちらにも負担にならないパーティのコツが、
少しずつつかめて来た今日この頃です。
一言でいえば、皆が心地よいおもてなしには、
最近のファッション界での流行語?
『抜け感』
これがスゴ〜く大切なのかも。

b0332557_13474395.jpg
手羽元のハーブ醤油グリル

今日は特にパーティでは無いんだけれど、
涼しくなったので、オーブン料理解禁記念に、
私が10年以上パーティで作り続けている、
手間もコストも超お手軽な
手羽元のハーブ醤油グリル をご紹介します。
前日にマリネしておけば、当日は焼くだけ。
焼き時間も短いので、オーブンが小さくても、次々焼けますよ。

じゃ、作るね。
b0332557_06010896.jpg
材料はニンニク、醤油、オリーブオイル、黒胡椒、
ハーブ(バジル、タイム、ローズマリー)、チリパウダー。
b0332557_06015865.jpg
手羽元

b0332557_06023961.jpg
おろしたニンニク、醤油、オリーブオイル、黒胡椒、
チリパウダーをマリネ用の容器に入れて混ぜ合わせます。
b0332557_06032144.jpg
そこに刻んだハーブをタップリ入れます。
でも034.gif
うちの庭のハーブは今も健在でなので、使い放題だけれど、
生ハーブは結構高いでしょ?
何種類も買ったら手羽元より高くつく(^^;;
だったらドライハーブで十分です。
ハーブ・ド・プロバンス という
ドライハーブミックスが手に入れば百人力。
これだけで十分オシャレな味になります。
余ったらイタリア料理全般に使えますよ。
b0332557_06040159.jpg
ここにサッと洗って水気を切った手羽元を入れ、
マリネ液を手で揉み込むように万遍なく絡め、
出来るだけ重ならない様に並べます。
b0332557_06062009.jpg
空気が入らないようにラップでピッタリ覆ってから、
更に容器の蓋を閉め、冷蔵庫で半日〜24時間置きます。

さてさて、きっと美味しく漬かっているはず。
b0332557_13430110.jpg
天板にアルミホイルを軽く丸めてから伸ばし広げます。
これで水分が飛びやすく、くっつきにくくなりますよ。
そこに手羽元を並べて、黒胡椒を挽き、
予熱しておいた200度のオーブンで20分ぐらい焼きます。
写真の左奥に写ってるプレーンな手羽元は…
b0332557_13480641.jpg
それ、ぼくの〜♪
王様はさっきからずっと私の足元 ~_~;

b0332557_13434927.jpg
あははー
美味しそうに焼けたよ〜。
b0332557_13465731.jpg
ゲストの人数にもよりますが、
多くて200本の手羽元を一度のパーティで焼くこともあります。
冷めても翌日でも美味しいんだけど、余ったことは無い
プラ〜ス、私はいつも1〜2本しか食べられず
嬉しいような、悲しいような。。。

私がパーティ用のお料理で心がけているのは、
出来るだけ品数を多く、なんでも小さく作ることです。
パーティは、食べたことの無いものにトライする絶好の機会だけど、
もしも好きでない味だったらどうしよう?と思うことも有ると思うし、
健康や宗教などの理由で、食べられない食材がある人もいます。
そんな人にもパーティを楽しんでもらうためにそうしています。

b0332557_02525411.jpg
今日チキンと一緒に用意した焼きおにぎりも、
私のパーティではレギュラーメンバーです。
特徴は、二口で食べられる極小サイズなところ。
中途半端に余ったご飯は、ゆかり、おかか等を混ぜ込んでから、
小さなおにぎりにして、ラップに一つづつ包んで冷凍して置きます。
焼く時には電子レンジで温めてからフライパンで両面を焼き、
お醤油を塗って焦げ目をつけるだけです。
極小サイズにすると、ホントに良く手が伸びます。
お腹いっぱい〜 なんて言ってた人もついつい二つ三つ。
b0332557_02515740.jpg
白米は味が無いことを嫌う外国人も多いので、
おにぎりの中までちゃんと味をつけておくことと、
小さく作っておくと表面のクリスピーな食感と、
人によっては苦手な白米の持つもちもちしすぎた食感の
バランスが絶妙に仕上がります。
実はこれ、かの松任谷由実さま=ユーミン姉さんのアイディア。
いつかラジオで、姉さんが海外からのゲストをお招きになった時、
♪ものすごく小さな焼きおにぎりを七輪で焼いたら馬鹿ウケだった♪
と言っておられたのを聞いて、シメシメと思った次第。
恐れながら、今では我が家のパーティの定番です。
b0332557_02510515.jpg
こちらはパーティ料理では無いですが、
今日最後の一品は海苔とレタスのサラダ。
洗ってよく水を切ってからちぎったレタスを、
ごま油と塩だけで極軽く和えた後、
適当な大きさにちぎった海苔を混ぜ込むだけのシンプルサラダです。
正確には私が使うのは韓国海苔ではなく、タイ海苔なのですが、
韓国海苔で十分代用出来ます。
韓国海苔は表面が油で処理されているので、
野菜と混ぜても日本の焼き海苔のようにしんなりとなりにくく、
サラダを食べ終わるまで、パリパリの食感が保たれるんです。
味もきっちりついているので、サラダによく使いますよ。

楽しく美味しいホリデーシーズンになります様に072.gif




[PR]