エッグタルト 〜アジアンなティータイム〜

今夜はバーテンダーが庭でステーキを焼いてくれるそうな。
もう大分日も短くなって来て、
7時には完全に暗くなってしまうから、
夕飯は早めになりそう。

我が家は普段おやつを食べる習慣が無くて、
スウィーツにも全く造詣が深く無い(^^;;
ので、来客用に焼き菓子を作ることでもなければ、
お菓子の在庫は無いのが普通。
でも今日は有るのだ003.gif
b0332557_05413834.jpg
エッグタルト

時々食材を買いに出かけるベトナムマーケットの一角にある
ベトナム人の営むベーカリーのエッグタルトが好きで、
行けば必ずと言って良いほど買って来る。
カスタードタルトとも呼ばれていて、
香港の飲茶を食べに行くと、
焼きたてをお盆に乗せて、テーブルを回りながら勧めてくれる。

早めのボリュームある夕飯に備えて、
今日はランチを控えよう!ということで、
エッグタルトでアジアンティータイムにします。
b0332557_05410425.jpg
オーブンで温めたアツアツタルトにフルーツ

フルーツはランブータンと柿。
そしてネパール産のウーロン茶。

生産量が少ないので、
手に入り易いものでは無いと思うけれど、
もしも機会に恵まれたら、
ぜひ一度ネパール産のウーロン茶を味わってみてください。

とてもライトな飲み口なんだけど、
クリアで穏やかで香り豊かで、
他の産地のウーロン茶との違いに驚くと思います。
甘露ってこういうことだなと、このお茶を飲むたび思うのです。
それから、このタルトにはもうひとつ、
牛乳で煮出す、香港スタイルミルクティーもバッチリ合います。

食べ物も旅をするんだねー。
一説によると、エッグタルトは300年以上も旅を続けている。
ポルトガルの修道院からイギリス人の手により
マカオに渡り、続いて香港へ。
今は東南アジア各国で愛されている。
そして日本人がカリフォルニアでそれを食してるんだねー。
お茶を飲みながら、そんな話をした。
流れ流れているようでも、必ずルーツはある。
そんなあれこれ。

温かいアジアンスウィーツとアジアのフルーツ、
そしてアジアのお茶。
ごちそうさまでした♪

[PR]