一人分のレトルトカレーで二人分♪ 〜ほうれん草たっぷり 簡単カレードリア〜

アメリカは肥満大国、ジャンクフード天国などと、
全世界から(実際その目で くまなく見たんかい?)
食生活について不名誉な評価をされている感が有るけど、
実際のところ、私の周りには、
むしろ「もう少し食を楽しむことにフォーカスしたほうが。。。」と、
老婆心ながら思ってしまうほど、ストイックな人が結構多い。
なんていうかなあ、宇宙食に着実に近づいてるっていうか、
「人は楽しむために食べるのではなく、
健康で長生きするために食べるのである period.」
そういう人達がね。
それはここが、カリフォルニアだからだと思うけど。

食の情報は日々変化する。
昨日まで健康思考の人々に支持されていた食品が、
今日突然、健康を害する可能性のある食品になることも多々ある。
リサーチャーは日々新たな結果を発信する。
その都度情報に右往左往することは、あまり懸命では無いにしろ、
食について深く考えることなく日々を過ごすのも勿体無い。
何しろ通常人は恐らく一日2〜3回は食事をし、
その食事によって自分の身体が形成されているのだから、
よく考えて損はないんじゃないかな。

食事前、これから体内にどんな食物が入ってくるか、私の内蔵は知らない。
まずは私の脳が、ポンコツながらも様々な知識を動員して食物を判断し、
審査基準に合格した食品のみが体内に吸収されるというシステムが、
私としては望ましい。
これを、ごく簡単に一言で言えば、
「大人なら、ちゃんと考えて食え。後は自己責任 period.」ということ。
このように自己責任感?の強い私は ( ̄▽ ̄)
レトルトやインスタントものを忌み嫌ったりしないよ。
じっくり考えて、納得し、身も心もハッピーになるのであれば食すのみ。

それにしても、パントリーに一箱だけ残っているレトルトカレー。
この間から私はこの存在が気になって仕方が無い。
そろそろ食べてしまいたいものだ。
これは確か、去年の大大大掃除の時、
よもや食事のしたくなど出来まい!と思って調達したものの残り。
3箱買うとお得だったのよー(*^_^*)
今日はこれをなんとかしよう!
b0332557_02152340.jpg
刻んだほうれん草 大ザル一杯、
バター、溶けるタイプのチーズ、レトルトカレー、
そしてもちろん冷やご飯。
ほうれん草は日本で売られている普通の一束分より多い位。
b0332557_02160226.jpg
冷やご飯の上にほうれん草を山盛りにして、
蓋をして、ご飯が熱々になるまで電子レンジにかけます。
b0332557_02164888.jpg
そこにブラックペッパー、バターを加えて さっくり混ぜます。
これで ほうれん草たっぷりのバターライスの完成。
あれだけ有ったほうれん草が、こんなに少なくなっちゃった。
しかもほうれん草の水分が御飯に行き渡っているので、
混ぜても団子状に粘りが出たりしません。
b0332557_02172972.jpg
それを耐熱の器に平たく入れて、
レトルトカレー/1袋の半量分、
チーズ、フライドオニオンまたはパン粉を振りかけて、
b0332557_02181304.jpg
オーブンで焼きます。
既にバターライスは熱々なので、カレールーが熱くなって、
チーズが溶けたらOK。

グラタンやドリアの時、焦げ付き防止のために器にオイルを塗るよね?
そういうことさえ出来ないほど時間が無い時もある。
これは器の内側をサッと水で濡らすだけで充分です。
私はオイルと水、何度も実験して見たけれど、
結果は全く同じでした。
b0332557_02185795.jpg
出来た〜 071.gif

ご飯は軽くお茶碗一杯、ほうれん草たっぷり、
おひたしで食べる量の3倍は入ってる。
ほうれん草の栄養素の吸収を助けるバター入り、
チーズでカルシウム補給、
高カロリーなカレールーは一人前の半分。
調理時間は20分以下。
b0332557_02194315.jpg
ほうれん草たっぷりカレードリア
ピーカンナッツ サラダ
マスカットマト

ちなみに今日のレトルトカレーは野菜カレーなので、
今夜は完全ベジタリアン。
あたしの脳は納得したね。
食べた後のハッピーな気分も予測が付いちゃう053.gif

インスタントやレトルトは絶対食べません!
おやつにジャンクフードなどもってのほか!
野菜はオーガニックだけ!
食材は全て国産!
家族には安全なものだけを食べさせる主義です!

まあ正しいし、それも良い。
だけど私の見てる世界には、目の前に食べ物があれば充分、
ノーチョイス!手に入るものだけで命をつないでいる人も居る。
後進国の人々のことだけを言っているんじゃ無いよ。
アメリカにだって、いくらでもそんな人は居るよ。
もしかしたら日本にも。。。。

ヘルシーな食生活
…なんて言っていられること自体、極めて呑気で贅沢なこと。
それだけは忘れずにいようと思う。



[PR]