梅カツオと干しエビの焼き飯 〜チャーハンじゃないのよ!〜

b0332557_12504823.jpg
梅カツオと干しエビの焼き飯
レタスの柚子胡椒サラダ
キャベツとワカメの味噌汁

私はどんなことをするんでも、イメトレが重要。
自分が何をどうしたいのかが明確でないと、始まらない。始めない。
極論すれば、明確なイメージが出来た時点で、
成功は80%約束されているんじゃないかと思う。

炒飯と焼き飯は違う。
炒飯は炎の料理で、未熟な私には無理。
作りはするけど、満足行った試しがない。
対して焼き飯は、文字通り焼いた飯。
これなら出来そう。イヤ出来る。。。と思う。

イメージは焼きおにぎり。
おにぎりを焼く時に、かき混ぜたり頻繁にいじったりしないよね。
ただじっと米が焼けるのを辛抱強く待つ。
おにぎりの表面がカリッと焼けて、米が焦げる匂いが漂いはじめたら、
すかさず醤油なり味噌なりをササッと一気に塗る。
絶妙なタイミングで醤油や味噌が香り立つのを見計らって、
フィニッシュ!
この段取りと全く同様なのが、私の焼き飯。
b0332557_12434773.jpg
刻みネギ、種を取って刻んだ梅干し、たっぷりの鰹節、
干しエビ、青じそ、ご飯。
b0332557_12442331.jpg
ネギをしっかり焼いて、香りを出したら、
b0332557_12445702.jpg
ネギの上から、あらかじめお皿の上でほぐした暖かいご飯を、
平らにかぶせてひたすら焼く。かき混ぜない。
薄くて巨大なおにぎりを焼いているイメージ。
ご飯で蓋をすることで、フライパンの温度が上がって、
ネギがじわじわと焦がしネギになったら、
フライパンをあおって上下を返します。
b0332557_12453707.jpg
その上に干しエビを広げ、しばらく待っていると、
干しエビの香りが立ってきます。
b0332557_12462130.jpg
一混ぜしたら、大量の鰹節と刻んだ梅干しを広げて一呼吸。
b0332557_12470694.jpg
一気に混ぜて、鍋肌から醤油を焦がしながら流し込んだら…
b0332557_12485377.jpg
フィニッシュ。
お皿に盛り付け、刻んだ青じそをたっぷり乗せて、
柚子胡椒、オリーブオイル、酢で和えた、
千切りレタスのサラダを添えます。
b0332557_12494317.jpg
おかかと梅、香ばしく炒った干しエビの焼きおにぎりが、
美味しくないわけないよね。
これは そんな感じの焼き飯。

塩気と酸味の効いたご飯には、
野菜の甘みが堪能できるキャベツのお味噌汁がベストマッチです。



[PR]