焦がしケチャップ・ナポリタン& ヨーグルト・コールスロー


今日はナポリタ〜ン♪
サラダはヨーグルト・コールスローにしよう!

ナポリタンはお好きですか?私は大好き。
それぞれの家庭に定番レシピがある、日本が誇るべき洋食だよね。
私のナポリタンレシピは、順次変化?進化?し続けているので、
これは今現在のレシピです。
b0332557_15144519.jpg
具材はソーセージ、玉ねぎ、ピーマン。
フライパンに入っているのはニンニクと、
サランラップに包まったものはトマトペースト。
写真を撮る都合でフライパンに入ってます。
トマトペーストを一缶開けても、使い切れないことがあるので、
大さじ一杯くらいずつラップで包んでから冷凍してあります。
b0332557_15165605.jpg
おそらく誰もがなさる様に、
オリーブオイルでニンニクの香りを引き出した後具材を炒めます。
その具材をフライパンの端に寄せて、
トマトペースト、ケチャップ、辛口ウスターソース、
醤油を入れてジュージュー焼きます。
この焼きケチャップソースが、私のナポリタンの決め手072.gif
b0332557_15174535.jpg
ほとんど焦げる寸前までソースを焼いたら、
それを寄せておいた野菜に混ぜます。
そしてバチバチと音がするぐらいまで焼きまくります。070.gif
b0332557_15182837.jpg
そうこうするうちに、スパゲッティが茹で上がるので、投入。
b0332557_15191314.jpg
黒胡椒を挽いて、時々混ぜながら、
焼き付ける様にスパゲッティに味を入れて行きます。
パスタも所々焦げはじめたら、茹で汁を少々加えて火を止めます。
茹で汁を加えるのは、焼き付けることでドライになったスパゲッティを、
しっとり口当たり良くするためです。
b0332557_15200138.jpg
焦がしケチャップ・ナポリタン

出来上がり〜。
b0332557_15203942.jpg
焼きケチャップに加えたトマトペーストの効果で、
深みのある色と味わいに仕上がっています。
野菜もスパゲッティも、鉄板で焼いたみたいな焦げ具合。
私が子供の頃大好きだった近所の洋食屋さんで食べた、
熱々の鉄板で出てくるナポリタンの再現を目指しました。
このレシピに落ち着いて一年ほど経ちますが、
凄く気に入っているので、しばらくはこのまま行こうと思ってます。

次はナポリタンの時に、よく一緒に作るヨーグルト・コールスローです。
b0332557_15140081.jpg
材料はキャベツの千切り、ハム、焼きもろこし、レタス。
b0332557_15152622.jpg
写真中央の白いのが、プレーンヨーグルト大匙2ぐらい。
その左がマヨネーズ小匙1ぐらい。
あとは塩コショウを少々。
全体を混ぜたら出来上がりです。
マヨネーズで作るコールスローよりあっさりした仕上がり。
調味料を混ぜてから10分後ぐらいが、
味が馴染んで食べごろですよ。

このサラダだけでなく、プレーンヨーグルトとマヨネーズは、
違和感なく置き換えが可能です。
マヨネーズ自体は栄養価に優れた食品ですが、
高カロリー、高コレステロール、塩分過多、卵アレルギーなど、
注意が必要な人には敬遠される傾向にあります。
私は様々な食事情のゲストをお招きするので、
誰でもが安心して食べられるレシピを、開発しています。

b0332557_15161117.jpg
ヨーグルト・コールスロー

レタスを添えて盛り付けます。
アクセントにパプリカパウダーを振りかけて。
後ろに写っている綺麗なグリーンのカクテルは、
バーテンダーのオリジナル、青紫蘇マティーニです。

b0332557_15211746.jpg
ハムハム
b0332557_15215873.jpg
レロレロ
b0332557_15223770.jpg
ベロリン

同じ釜の飯を食う王様。



[PR]
by somsom025 | 2014-08-18 08:35 |