オールインワンのイメージを着る

私、スタジオではいつもオールインワン。
オシャレなのじゃなくてツナギね。
修理工場の兄さんや農家のおっちゃんも愛用しているアレ。
汚れ作業、肉体労働の必需品。
ロクロで前のめりになっても腰が出無いし、
タンクトップと短パンの上にそのままバサっと着て、
スタジオから出る時にはストンと脱いでしまえば、
土埃を家の中に持ち込むことも無いスグレモノ。

簡単、すぐ出来る、手間要らず…
お料理の世界でもそんなキーワードをよく見かけるし、
世の中面倒なことは歓迎されないのかなあ?
なんて思っていたら、
にわかにオールインワンが流行中と知って驚いた。

確かにオールインワンは、コーディネートの必要が無いし、
買うのも着るのも簡単。
だけどその後に待っているのは…
ここには書かないけど面倒ばかりじゃない?
その辺りのことは2〜3度着てみれば感じるはず。

5年ぐらい前、ファッションとしてデザインされた
オールインワンをしばらく着てみた。
旅行にも着て行ってみた。さぞかし便利かと思って。。。
で、至った結論は「私には無理」。

オールインワンの利点は、ほとんどワンピースと同じかも。
上から下までのフローがエレガントで、
ワンピースよりマニッシュな格好良さが出る。
洗練された雰囲気もセクシーさもね。
見た目→想像→着心地→現実。
まったく、ファッションて着てみなければわからないもんだ。
いろいろ納得したので、私としてはオールインワンは作業着の分類に。
ファッションとしてのオールインワンは、
なんとなくのイメージだけ頂いています。

b0332557_10383504.jpg
王様と私のバックショットとiPadの中のもう一人のアタシ
うん、いい作品だ。

これはZaraのレーヨンTシャツとシルクのショーツ。
レーヨンは人絹。よってレーヨンとシルクは親戚みたいなもので、
トロミとか光沢とかが相通ずるところがあって、
黒の発光も質感もつながります。
Tシャツをインにして、ウエストに白いクロコのベルト。
オールインワンのイメージの着こなしです。

大好きな麻のシャツも、パンツやショーツをセットアップで揃えて、
シャツをイン、ウエストは太めのメッシュベルトなどでマークして、
サファリ風の着こなしを楽しんだり、
夜のお出かけは、ボトムスはそのまま、
トップスをノースリーブの麻のブラウスに変えて、
ベルト代わりにスカーフのサッシュというコーディネートもします。
トイレ、大変でしょ?と聞かれるので、
人目にはオールインワンに見えているのでしょう。

ファッションは我慢と言う人もいるし、
私もそう思っていた頃も有った。
お酒の味も産地も作り手も知らないくせに、
すんごく歩きにくいのを我慢しながら、
かの、踵の裏が赤いハイヒールを履いて、
よじ登るようなBarスツールに腰掛けてみたり。
あの赤はそういう場面では効くね。
遠くからでもひと目でアレだ!と分かる。
面白いもんだ。
私の名前は誰も知らないのに、
私が履いてる靴の名前はみんな知ってる。
ファッションは大好きだけど、もうそういうのはイイや。
なんか話がズレたけど。。。
b0332557_10391308.jpg
さて、どっちのフェドラで出かけようかな。



[PR]