風をまとうTシャツ by ZARA


Tシャツを選ぶ基準に大きな変化が出て来た今日この頃。
だらしなくならず、窮屈過ぎず、色褪せず、上品で、手入れが簡単。
見せるべきで無い部分は、さりげなく、でもちゃんとカバーしてくれる。
どんなボトムスとも好相性で、一年中着られる……
切なる願いは尽きません。
そんなTシャツ有るの?ええ、ありませんとも。

納得いかないのなら着ない、がモットーの私は、
ここ数年ジム以外でTシャツを着ることはありませんでした。
この春、お気に入りを見つけるまではね。

b0332557_04135937.jpg
OVER SIZE PRINTED T- SHIRT by Zara.

まるで風をまとっているような軽やかなTシャツです。


b0332557_04142203.jpg
素材はレーヨン。色はダークネイビー。
パターンは、ほとんど直線断ちなので、
着ると肩の落ち感はドルマンスリーブを思わせますが、
ドルマンのカット特有の、ちょっと極端過ぎかな?と思える、
ウエストにかけての絞りはありません。
私が着用を避けているチュニックほどの長さはなく、
然りとて短か過ぎず、ボトムスを選びません。
衿開きは、ボートネックに近いラウンド、
片側だけ肩を落としてOffショルダーとして着ても素敵。

このTシャツの素晴らしさは、何よりも後ろ姿の美しさです。
変わったデザインが施されているわけではなく、
素材とカットをうまく生かしたドレープが、
後ろ姿を細っそりと、しなやかに、
後ろから見た二の腕を、半分の太さに見せてくれます。
この辺りのシルエットの美しさは、
ぜひZaraのサイトの写真でご覧ください。

昔も今も、Tシャツ選びは難しいのです。
一万円以上するTシャツの試着さえ出来ない時代もあったのですよ。
( 着ると伸びて売り物にならなくなるからだってサ。)
誰のお勧めであろうが、どれほどの有名ブランドのものであろうが、
似合わないものは似合わない。
あらゆる色やデザインやサイズが揃っていて、
とってもリーズナブルなお値段のものもあって、
すぐに手を出してしまいがちなベーシックだからこそ、
その人の全てが出るのです。
ああ、恐ろしきかなTシャツ。
b0332557_04144673.jpg
軽やかで気持ちの良いTシャツを着た日は、
いつもはまとめている髪もゆったり下ろして、
アクセサリーは付けているのを忘れてしまうほど軽くて優しいものを。
ネイビーという色の持つスポーティーさを大切にしたいので、
今日はシルバーパールのスレッドピアスを選びました。
オーガニックシェイプの天然パールと、長めのチェーンが、
Tシャツのカジュアル感を損なわずに、
シャープな線と艶を添えてくれます。

こちらは私同様サザンカリフォルニア在住の、
日本人女性デザイナーの作品です。
個人的には存じ上げないのですが、
とても丁寧な仕事をされる素敵なアーティストです。
日本にも発送されていて、沢山ファンが居られるようです。
ご興味の有る方は是非こちらから。

そうそうこのTシャツ、既に余裕で10回以上洗濯して、
乾燥機までかけていますが、色褪せも型崩れも今のところ皆無です。
…と言うことで、紺、黒、白の3色で合計10枚買いましたー053.gif

If you already have a favorite tee …
Just wear it with LOVE.
If you don't…
Keep searching !




[PR]