ビルケンシュトックのカスタマイズ

もう6年ぐらい前、主に旅行中の機内で履く目的で買った、
パーリーホワイトのビルケンシュトック。
履き心地が良いとの評判だったから、
出来れば機内だけでなく、
旅先で歩くためのサンダルになればと目論んでいたけれど。。。
私には無理❗️でした。
底が堅すぎて、石畳や舗装の荒れた道の衝撃を全部拾ってしまう。
でも足をしっかりホールドしてくれるし丈夫なので、
予定通り機内と、後はドライビングサンダルとして履く事6年。

去年の夏の終わりに、もう来年は無いな、と思いました。
中敷の汚れが落としきれなくなって、
見ているだけで気が滅入るようになってしまってたのが理由。
だけどきちんと手入れしながら履いて来たので、
捨ててしまうには、あまりにも中敷以外が綺麗過ぎる。
そんなことを思いながら、一旦仕舞ったのですが。。。

同じ用途のサンダルは必要なので新調しようと思って、
春先に改めて6年物のビルケンシュトックを見ていたら、
それを履いて出掛けた時の事が色々浮かんで来て、
何だか可哀想になってしまいました。

よし!メンテする!!
もともとDIYな私には、メンテに一つの構想が有って、
必要な材料を探したら見つかったので、即決行。
出来たのがコレ。

b0332557_01560568.jpg
カスタマイズで蘇ったMyビルケンシュトック

サーファーだった私は、海では常にUGGのビーサンでした。
ムートンのモコモコのヤツね。
あれは、実は非常にサラッとしていて、
砂の着いた足だろうが、海水に濡れた足だろうが。
優しく包んで労をねぎらってくれるのです。
ビーサンがスポーツ用品だった頃のお話し。
それを思い出して、ムートンの交換用中敷を探したら、見つかった。
但し、今の私はサーファーではないから本物の羊を犠牲にする資格は無いので、
ムートンも・ど・き 🐑

ビルケンシュトックと同サイズを買っても少し大きかったので、
カッターで内側にピッタリはまるようにカットし、
鼻緒部分には切り込みを入れて差し込んであるだけ。
中敷は分厚いんだけど、飛行機旅は足が浮腫むので、
ワンサイズ大きめを買っておいたのでサイズも問題無し。
後は周りにボーボーとはみ出ているモコモコを綺麗にトリミング。

汚れてがっかりな中敷は消え去り、
白くてモコモコしたカスタムビルケンシュトックの出来上がり。
履くとこんな感じ。
b0332557_01564168.jpg
で、履き心地はこんな感じ。
b0332557_04191472.jpg
(王様のくつろぎスペースをお借りして撮影)

フカフカしたラグの上を裸足で歩いているみたい。
まさに、Feels like Heaven060.gifです。

中敷が厚いので、ベルトの位置をずらす必要があって、
その部分が擦れて黒くなっていましたが、大丈夫。
同色のマニキュアを乗せるように2度塗りして、
完全に乾いてからトップコートを塗っておくと、
近くで見ても判らない程キレイに隠せます。
この方法は、エナメルのバッグや靴にも応用出来ます。
小さな傷なら、驚く程キレイに治せますよ。

と〜っても満足003.gif
すっかり履き心地よく、綺麗になったビルケンシュトック。
捨てるなんて言ってゴメンネ。
また色んな所に一緒に行こう!


[PR]