香水を・・・

打ち水って、素敵な日本の文化だと思います。
綺麗に掃き清められた玄関や庭先に水を打つ。
大切な人、そして自分自身への愛に満ちた美しい習慣。
いずれは消えていく水が運んで来る
一瞬の涼感とか清潔感とか色気とか・・・
単なる物質に人の心が加わると、美しい空間が生まれる。
丁寧に暮らすというのは、そんなことをミルフィーユみたいに重ねていくこと。

香水を・・・
願わくば打ち水のように使いこなしたい。
私が存在する空間に、
一瞬、清潔な空気や心地よい風を呼べるような。
至難の業だね。

b0332557_02543790.jpg
夏の香水のサンプルを取り寄せました。
店頭ではなく自分の生活空間で試し、選ぶのが、
少しでも理想に近づく方法だと思います。

今回選んだ4種類
ディプティック/ゼラニウム オドラタ
ラルチザン/バチュカーダ
ラルチザン/フルールドリアン
レ・ラボ/ベルガモット22

私の好きな暇つぶしの一つに、
香水のレビューを読む、というのが有ります。
見えないものを言葉で表現する
情熱的な詩人(アーティスト)達に会うことが出来るから。
自分が愛する香を的確でありながらも美しい言葉で表現したい!
期待していた新しい出会いが理想的なものではなかった時の落胆の嘆きとかも。
香水のレビューは私の想像力をかき立ててくれる言葉で溢れているのです。

よく似合う香水をエレガントにまとった人は、
上品で知的な装いをした人と同じぐらい魅力的。
そんな人と出会えた日は、一日がハッピーになる私です053.gif



[PR]